THE YARD
はじめての、きもの vol.14




あるひとときを想起し、思慕の情がわき上がる瞬間が日常には溢れています。
少し手間を有するきものですが、そんな手間を愛しいと感じられたエピソードをお届けします。

第14回目となる今回は、和井田多佳さん( @waiko1125 ) にお話を伺いました。

Q. きものを好きになった、または着るようになったきっかけを教えてください。

祖母が着物を着ていたので、幼い頃から身近にある存在でした。着物やさんもよく家に来ていたので、 並べられた美しい反物や帯の美しさに心躍り、祖母や母の買い物の様子に憧れていました。

Q. THE YARDのきものを着て、どのように感じられましたか。

白シャツを着るように、、のコンセプト通り日常的に着られる、又は着てもいいんだ!というふうに感じました。着物と帯、帯締めの組み合わせ次第で印象が変わるのもお洋服のコーディネ ートに似ていてとても楽しかったです。 私は身長が低いので、縦長に見えるように今回はストライプの柄を選びましたが、THE YARDさんは無地着物が多いのもお洋服の延長線で選べるので、色々目移りしてしまいました。

Q. 着用したきものを着て、お出かけしたい場所はありますか?

友人が京都に住んでいるので、女友達で京都をめぐる、、など憧れますね。 あとは、書道を習っているので、着物で書の展示など見に行きたいです。


和井田 多佳/Taka Waida

2014年秋冬より『JANE SMITH ( @jane____smith )』のデザイナーを務められています。
2020年には自身の新たなブランド『ARNE LECHT ( @arne_lecht )』をスタート。
また、和井田さんのスタリングには高い定評があり、さまざまな媒体で
特集が組まれ、幅広くご活躍されています。

@waiko1125

今回着用したきもの