やまとの基本理念


「共創」
ーお客様、さんち、社会と共にー

社名に込めた想い


第二次大戦後まもなくのこと。
二代目 社長・矢嶋榮二が店にいると、
ひとりの女性が入ってきました。
その人は、上品なきものを風呂敷から出し、
「引き取ってほしい」と言いました。
そして、「大切にしているきものを、
呉服屋さん以外には持っていきたくなかった」と、
悲しそうに話したのです。

戦地から復員したばかりの榮二の胸に、
そのとき、ひとつの社名がうかびました。

「やまと」。

日本に二度と戦禍が訪れないよう、
そして、すべての人が幸せで美しくあれる国であるように、
「日本よ、永遠(とわ)に」の想いを、
この社名に託したのです。

私たちのビジョン(将来像)


「きもの」でエキサイティングな世の中をつくる

歴史に裏打ちされた信頼感に加え、チャレンジ精神を大切に、生活者やさんちと 共に革新を続ける、

日本でいちばん「おもしろい」会社に。


  • MORE

    • 日常にワクワクや新しい出会いを生み出す、エキサイティングなきもの。100年を超える歴史の中で、さまざまなチャレンジを続けてきたやまと。

      私たちは、お客様やさんちとともに、たくさんのドラマを生み出してきました。そして、これからも、新たなドラマを生み出し続けていきます。

      そんな私たちが目指すのは、きものを楽しみ、個性を楽しみ、自分らしいチャレンジを楽しめる世界。自分と同じように、個性を楽しみ、チャレンジを楽しむ他者を尊重し、受け入れる世界。差別や紛争のない安心な状態のもと、すべての人が、他人に強要されるのではなく、自分の意志でリスクをとって、チャレンジができる世界。

      それこそが、きものの仕事を通じて、私たちが目指す「エキサイティングな世の中」です。

      グローバル化やデジタル化が進み、世界は急激な速度で一つになっています。その一方で、他者や異文化への不寛容さも、同じくらいの速さで広がっています。

      私たち一人一人が、自分の、そして世界中の個性をリスペクトすること。心躍る夢の実現に向けて、チャレンジを続けられる世の中であること。きものを生業(なりわい)にする私たちが志す、そうした世界の未来像が、今ほど必要な時代はなかったかもしれません。

      それはまた、私たちの原点、「やまと」という社名に込められた想いでもあります。

      日本に二度と戦禍が訪れないよう、そして、すべての人が幸せで美しくあれる国であるように。

      日本よ、永遠(とわ)に。

    • 日常にワクワクや新しい出会いを生み出す、エキサイティングなきもの。100年を超える歴史の中で、さまざまなチャレンジを続けてきたやまと。

      私たちは、お客様やさんちとともに、たくさんのドラマを生み出してきました。そして、これからも、新たなドラマを生み出し続けていきます。

      そんな私たちが目指すのは、きものを楽しみ、個性を楽しみ、自分らしいチャレンジを楽しめる世界。自分と同じように、個性を楽しみ、チャレンジを楽しむ他者を尊重し、受け入れる世界。差別や紛争のない安心な状態のもと、すべての人が、他人に強要されるのではなく、自分の意志でリスクをとって、チャレンジができる世界。

      それこそが、きものの仕事を通じて、私たちが目指す「エキサイティングな世の中」です。

      グローバル化やデジタル化が進み、世界は急激な速度で一つになっています。その一方で、他者や異文化への不寛容さも、同じくらいの速さで広がっています。

      私たち一人一人が、自分の、そして世界中の個性をリスペクトすること。心躍る夢の実現に向けて、チャレンジを続けられる世の中であること。きものを生業(なりわい)にする私たちが志す、そうした世界の未来像が、今ほど必要な時代はなかったかもしれません。

      それはまた、私たちの原点、「やまと」という社名に込められた想いでもあります。

      日本に二度と戦禍が訪れないよう、そして、すべての人が幸せで美しくあれる国であるように。

      日本よ、永遠(とわ)に。

私たちのミッション(使命)


きものと日本文化を
アップデートし続ける

きものの常識を変え、日本文化の常識を変える。
結果、豊かで魅力的な日本文化の創造と継承に貢献する。

人々の前向きな
気持ちを大きくする

きものを楽しむ人を増やすことで、前向きな気持ちの人を増やす。
結果、自分や日本の文化に肯定的な人、他者や他国の文化をリスペクトできる人を増やす。

私たちが大切にすること


We are KIMONO DREAM MAKERS.
もっと、きものの可能性を信じよう。もっときものの可能性をひろげよう。

私たちが大切にすること
私たちが大切にすること

サステナビリティ


私たちが行っていることは、きもの文化を持続可能にすることだけではありません。
私たちを取り囲む、環境・社会・経済、すべてが持続可能であることを目指します。


やまとのきものに使用するコットンは、農薬や殺虫剤を使わずに作られた環境に優しいオーガニックコットンへと2019年より移行しています。私たちの暮らしを豊かにしてくれるきものが、豊かな地球とともに発展していくように、持続可能な開発を行っています。やまとがオーガニックコットンを使う理由は環境のためだけではありません。農薬や殺虫剤が与える影響から生産者を守るためでもあるのです。さんち無くして、きものづくりはできません。
また、生産者を守るため、2002年に結成した「つくりべの会」は、さんち間の交流と後継技術者の育成を目指して活動しています。そして、さんちの経済が健全に循環し、持続的なきもの生産が可能になるよう、適切な支払方法を採用し、適正な小売価格の設定を行っています。やまとがお客様に届けるきものが、善いものであるために、私たちは、きものに関わる人全てが幸せでいられる仕組みや環境づくりを行なって参ります。

  • MORE

    • やまとのきものに使用するコットンは、農薬や殺虫剤を使わずに作られた環境に優しいオーガニックコットンへと2019年より移行しています。私たちの暮らしを豊かにしてくれるきものが、豊かな地球とともに発展していくように、持続可能な開発を行っています。やまとがオーガニックコットンを使う理由は環境のためだけではありません。農薬や殺虫剤が与える影響から生産者を守るためでもあるのです。さんち無くして、きものづくりはできません。
      また、生産者を守るため、2002年に結成した「つくりべの会」は、さんち間の交流と後継技術者の育成を目指して活動しています。そして、さんちの経済が健全に循環し、持続的なきもの生産が可能になるよう、適切な支払方法を採用し、適正な小売価格の設定を行っています。やまとがお客様に届けるきものが、善いものであるために、私たちは、きものに関わる人全てが幸せでいられる仕組みや環境づくりを行なって参ります。

やまと品質


やまとは、品質にこだわります。では、品質とは何でしょうか。商品の仕上がりがいいこと?接客サービスがいいこと?そもそも、品質を大事にしない企業なんてあるのでしょうか。私たちは、品質という言葉に、特別な思いを込めています。

「やまと品質」。
それは、「人」と「商品」でできています。

やまとというブランドの最大の財産は、人です。やまとの人は、ポジティブであり、ユーモアがあり、ホスピタリティがあり、誠実であり、倫理観がある人です。

そんな人が、お客様のこと、仲間のこと、そして自分自身のことを大切に思い、企画とものづくり、接客・販売に力を発揮するからこそ、やまとという企業が魅力的なものになると私たちは考えます。

商品

やまとが世に送り出すのは、「善い商品」です。「良い」ではなく「善い」という字をあてています。「善い」とは、機能を超えて、行いとして善いかということ。誰でもできることではなくて、やまとにしかできないことに集中していきます。

「きもの、きもののものづくりへの愛情日本一」「伝統から革新までの振り幅日本一」そんな、魅力的な商品を生み出し、送り出していきます。

    • やまとというブランドの最大の財産は、人です。やまとの人は、ポジティブであり、ユーモアがあり、ホスピタリティがあり、誠実であり、倫理観がある人です。

      そんな人が、お客様のこと、仲間のこと、そして自分自身のことを大切に思い、企画とものづくり、接客・販売に力を発揮するからこそ、やまとという企業が魅力的なものになると私たちは考えます。

  • 商品

    • やまとが世に送り出すのは、「善い商品」です。「良い」ではなく「善い」という字をあてています。「善い」とは、機能を超えて、行いとして善いかということ。誰でもできることではなくて、やまとにしかできないことに集中していきます。

      「きもの、きもののものづくりへの愛情日本一」「伝統から革新までの振り幅日本一」そんな、魅力的な商品を生み出し、送り出していきます。


私たちは、

KIMONO DREAM MAKERS

きもので心躍る夢を実現していく会社です。