きものやまと
KIMONO STORY 私ときもの Vol.01



「私の人生を彩った、私のきものストーリー」をお伺いしていきます。
今回はWEBSHOP や実店舗「ILHA」(世田谷区経堂)、全国の百貨店でのPOPUP SHOP などを展開する「JUZUSUKE」のアクセサリーデザイナー・IZUMIさんにお話を伺いました。
また、「これから着たいきもの」として、きものやまとのきものにもチャレンジしていただきました。




Q. このきものにまつわる「ストーリー」を教えてください。

今の主人と結婚をして少しして、主人の母から「息子のお嫁さんになる子には絶対にきものを作ってあげたいと思っていた。」と言われました。
当時は「そんなことまでしてもらって良いのかな」という気持ちもありましたが、そう言ってもらえた喜びの方が勝り、作ってもらったきものがこの加賀友禅の訪問着です。
なによりお義母さんの気持ちがとてもうれしかったので、これからはきものを着る機会を少しでも増やしていきたいと思っています。

Q. どんな時にこのきものを着ましたか?

自身のブランドの実店舗OPEN の際、「このタイミングで着たい!」と思い、着たことが初めてです。
オープニングパーティーをしたのですが、来てくださったお客様からすごく褒めていただきとてもうれしい気持ちになりました。






IZUMI さんに「きものやまと」のきものを着ていただきました。

Q. これからどんなシーンできものを楽しんでいきたいですか?

これからは着られる機会を増やしていきたいと考えています。
たとえば、ちょっと素敵なレストランでお食事のときなど。
このきものはあまり派手過ぎず、シンプルで着やすいと思い選びました。
洋服のようにおしゃれに楽しみたいですね。




IZUMI
鹿児島県奄美大島出身
ブラジルにて6年ほど滞在した後、2010 年 日本に帰国、「JUZUSUKE」の立ち上げ時から同ブランドのデザイナーを務める。




今回着用したきもの



きもの:プレインセンス ¥79,000+税(単衣仕立て付き)
帯:¥59,000+税