【やまとサステナビリティ vol.4】
サステナブルな商品やサービスたち

サステナビリティについてお話する連載も今回で4回目。
連載ラストとなる今回は、実際にやまとで展開している商品やサービスをご紹介いたします!


■ お気に入りのきもの地でつくるオリジナル小物

<きものやまと>わたしの小物製作所



いつも身に付け、ふとした瞬間に見えるお気に入りに心躍らせる毎日を送ってほしい。
『わたしだけの』特別感のある、愛着の湧く小物をつくりたい。
きものを身に纏った時のような高揚感を日常に感じてもらいたい。
そんな思いから生まれた『わたしの小物製作所』。

きものの生地・お気に入りの生地・思い出の生地…
これらを表地・裏地として使用し、バッグや小物をつくれちゃいます!

きものや羽織を仕立てた時に生地のあまりが出ちゃうことがあるのですが、
日々使用できる身近なアイテムに活用できるのは嬉しいですよね。
完成まで約45日いただきますが、待っている間もワクワクしちゃいます。

<きものやまと>限定店にて受注を承っておりますので、気になる方は是非!
(取り扱い有無については、お近くの店舗へお問い合わせください)


■ 人生にずっと寄り添うきもの

<KIMONO by NADESHIKO>わたしの、ふりそで

自分らしく、一生楽しめる「わたしの、ふりそで」。
ハタチを迎えるあなたのこれからの人生に「祈りと願い」を込めて作りました。

こだわりのカラーで展開するシンプルな無地のふりそで「小箱シリーズ」は、自分らしい自由なコーディネートで着こなして頂けるのはもちろん、お母さまやご祖母さまから受け継いだアイテムを合わせてのミックスコーディネートも楽しめます。

袖の長さを短くお仕立てし直すことで、卒業式やお呼ばれの場などのこれからの人生の節目の様々なシーンにお召し頂けます。

*わたしの、ふりそで 特設ページはこちら

*わたしの、ふりそで 特設ページはこちら


■ オーガニックコットン糸使用 木綿きもの

ゆかたやきものの素材として使われる「綿(コットン)」。
一般的にコットンの生産には多くの農薬が使用されており、今もなお世界中の生産者が健康被害を受けています。昨今、こうした健康被害や環境汚染への配慮よりオーガニックコットンへの注目が高まってきています。

やまとオリジナルの木綿きものは2019年4月以降、企業の取り組みとして人に優しく地球環境にやさしいオーガニックコットン糸に順次変わっています。

木綿は吸湿性と保温性を併せ持ちます。
裏地を付けない単衣仕立にする事で、真冬・真夏を除きロングシーズンお召し頂けるきものです。

1年を通して長くご着用いただけるきものだからこそ、生産者や環境に配慮した素材で自信を持ってお届けしています。


■ きもの生地を使用したオリジナルノート

<YAMATO Tsunagari Project>やまと × カキモリ カキモリノート



やまとでは、きものやゆかたの生地を活用し、いくつもの新たなアイテムへ変化させています。
『カキモリノート』もその一つです。

「たのしく、書く人。」をコンセプトにした、台東区蔵前の文具店「カキモリ」とのコラボレーションにより生まれた、オリジナルのノート。
きものの生地として織られた個性豊かな素材が、ノートの形に切り取られることで、また違った表情を見せてくれます。

きものをより身近に感じられるアイテムとして、大切な人への贈り物にも人気な商品です。



やまとでは様々な商品やサービスを展開しています。
今後もやまとだけではなく、さんちやコラボレーションを通じて皆さまと一緒にサステナビリティへの取り組みにチャレンジしてまいります。

新たな取り組みは今後もご紹介してまいりますので、どうぞお楽しみに!