THE YARD
はじめての、きもの vol.1

 

あるひとときを想起し、思慕の情がわき上がる瞬間が日常には溢れています。
少し手間を有するきものですが、そんな手間を愛しいと感じられたエピソードをお届けします。

第1回目となる今回は、THE YARDでパールの帯留やピアス、イヤリングの取り扱いをさせていただいております YUKO SATO jewelry & objects のデザイナーであり、制作者の佐藤祐子さんにお話を伺いました。

Q. きものを好きになったきっかけを聞かせてください。

母が持っていたものを結婚式などの機会に着ていました。やはり着るだけで気持ちがピシッとする感じがするのも気分がいいですし、同じきものでも小物を変えるだけでぐんと雰囲気が変わるのが面白いです。

Q. THE YARDのきものを着て、どのように感じられましたか?

本当に素敵なきもので着るだけでワクワクしました。普段身近ではない分、きものというと重厚なイメージがありますが肩肘はらずといいますか、さらりと着れました。數十分と短い時間だったので、もっと着ていたい!と心底思いました。

Q. 着用したきものを着て、お出かけしたい場所はありますか?

最初は特別な食事の機会やクラシックのコンサートなどに着ていけたら素敵だなと思っていましたが、着させていただいたらもっと気軽なシーンでも着られそうな気がしました。そのほうがたくさん身につける機会も増えそうですし。ちょっとしたお出かけやお買い物の時でもさらりと着こなせたらいいなと思いますし、いつかそんな日常が過ごせたらと妄想が膨らみます。

佐藤祐子
東京生まれ
2006年 武蔵野美術大学卒業
アクセサリーメーカーでのデザイン職、ジュエリー作家アシスタントを経験
2012年 独立

YUKO SATO jewelry & objects / @yukosato_o / #yukosato

今回着用したきもの

きもの:シルクウール ぼかし 青灰 ¥75,000+税
帯:九寸名古屋帯 西陣 幾何学 ¥49,000+税
帯留:yukosato パール うめ ¥23,000+税