» 2018 » 12月のブログ記事

年末に向かい、寒い日が続きますね。
今年もあとわずか!
今年はみなさまにとってどんな1年だったでしょう?

さて、お正月には着物でお出かけ♪ なんて予定の方、多いのではないでしょうか?

でも、冬のきもののお出かけは寒さが心配。
ゴテゴテ着込んでは格好悪いし、かといってそのままでは寒いし・・・

そんなお悩みを解決しちゃう強〜い味方をご紹介します!!


京都発の和装インナー「ヒート+(プラス)ふぃっと」は、薄手なのに暖かい機能性和装インナー。
冬は寒〜い京都の舞妓さんの声から生まれた和装専用のあったか肌着です。

袖口や首筋から入る冷気をしっかり防いで、ふんわり暖か!
冬のきもののお出かけを応援します。

「ヒート+ふぃっと」シリーズは、着心地を追求した設計で着けているストレスを感じさせないインナーです。

暖かさの秘密は東レの機能性素材「ソフトサーモ糸」!
「ソフトサーモ糸」は、体から発する汗(水分)を吸って熱に変換する特殊な素材。
だから長時間身につけていてもサラっと快適!

大きく開きやすい衿の設計や、七分丈の袖や裾など、きもの用に作られたインナーだから見える心配もありません。
衿や袖口、裾には、肌あたりも柔らかな高級感あるレースを使用。
見えないところもしっかりおしゃれです♪

ラインナップは5種類!

「ヒート&ふぃっと」は、「シャツ」と「パンツ(ステテコ)」の他「ワンピース」タイプもご用意。
身に付ける方のお好みでお選びいただけます。

また、足元の寒さをしっかりガードする「足袋下」は、通常サイズのものの他、ロングタイプもご用意。
用途や目的、お出かけ先に合わせて、より暖かく快適にお過ごしいただけます。

きものやまとスタッフにも大人気!

「ヒート+ふぃっと」はきものやまとスタッフの間でも愛用者が多い人気アイテム!
毎日をきもので過ごすやまとスタッフだからこそ実感する、そんなスタッフの声をちょっぴりお届けしますね!

きものやまと スタッフKさん

きもので雨の日にお出かけ。足元が濡れてしまったんですが、「ヒート&ふぃっと」の足袋下インナーは水分を吸って発熱してくれました!おかげで足先も冷えることなく暖かかったんです!

きものやまと スタッフCさん

洋服用のインナーでは、きものを着た時に衣紋から見えてしまう心配も・・・でも「ヒート+ふぃっと」はきもの用。だからインナーが見える心配がありません!接客時にも安心!いつも綺麗な着姿でしっかり暖かく助かっています(*^ _ ^*)

KIMONO by NADESHIKO スタッフSさん

北国の冬の寒さは半端ない!上着があっても、冬は袖口や首筋から冷気が入って・・・そんな時にも「ヒート+ふぃっと」なら大丈夫!しっかり冷気を防いでくれるんです。しかも薄手でモコモコしない!とってもオススメのあったかインナーです♪

きもの体験レッスン

2012年にスタートして以来、大好評をいただいているやまとのお手軽・気軽な着付け教室「着付倶楽部」。
この「着付倶楽部」をさらにお気軽にお試しいただける「きもの体験レッスン」をご用意いたしました。

1回500円60分で、襦袢の着付けから帯結びまで、着姿を完成させるレッスンです。
マンツーマンだから、きものを着るにはどんなものが必要か、どうしたらきものが着れるのかを知りたい初心者の方から、きものを1人で着る時により役に立つコツを覚えたいベテランの方まで、ひとり一人に合わせた内容をご用意することが可能です。
レッスン会場は全国に123あるきものやまとの各店舗。
着付けに必要なものは、小物からお着物まで全てご用意がありますので、会社帰りやお買い物のついでに気軽にご参加いただけます。
講師はやまとの販売スタッフです。
100年企業きものやまとで、毎日きものを着ているスタッフならではの着付け法は、肩肘張らずに普段着代わりにきものを着るためのノウハウが詰まっています。
自分で着付けをしてみたい初心者の方から、もっと気軽に普段着としてきものを着るコツを知りたいベテランの方はもちろん、きものを着る時に必要な道具を知りたい、とりあえずきものを着た自分の姿が見てみたい、そんな超初心者の方も安心してご参加ください。

また、きものやまとでは、「着付倶楽部」「きもの体験レッスン」中の受講者の皆様とのお話を通して、新しいきもののトレンドや便利な着付けグッズの開発などを行っております。
お客様と共に「きものを着る文化」を育ててゆく為に、産地と共に「きものを創る文化」を護り、正しく、美しく、楽しく「きものを売る文化」を担うこと、この企業理念に則り、販売目的でのレッスンは行いませんので、安心してご参加ください。
皆様のお申し込みをお待ちしております。


きものファンなら1枚は手にしたいと願う憧れのきもの「大島紬」。
その技術を未来へつなげるための新しい取り組みが始まっています。
きものやまとが主宰する「(一財)きものの森」は、この大島紬の後継者育成事業を支援しています。

事業の第一歩として、2018年7月、大島紬の機織技術者である「織工」を育てる養成校が奄美市と鹿児島市に開校いたしました。
いずれの養成校も日本各地から集まった1期生10名ずつでスタートし、若い才能が着実に育ちつつあります。

現在、これらの養成校では、2019年1月よりスタートする第2期生を募集中です。
日本の代表的な伝統工芸のひとつである大島紬の技術を身につけ、それを生業としていきたいと思われる方は、下記リンク先よりぜひご応募ください。

伝統を守り、未来へ羽ばたく新しい仲間をお待ちしております。

大島紬技術養成所「織工訓練生」募集要項(鹿児島県鹿児島市)
本場奄美大島紬技術専門学院 「織工訓練生」募集要項(鹿児島県奄美市)