共育制度と研修

さんちとのつながり

共創―お客様、さんち、社会と共に―
私たちはさんちとお客様をつなぐ架け橋のような存在です。
日本全国のさんちには、そこにしかない魅力があります。
さんちの景色を一色にはさせない、そんな使命を持ち、
それぞれのさんちの特色と、やまとが手を繋ぐことで、
わたしたちにしかできないことをしていきます。

1 さんちとやまと

さんちとやまとのものづくりのはじまりは、1963年。
それ以来、毎年春夏・秋冬においてオリジナル商品の制作・発表を行っています。さんちを守り、発展させていくためにいくつもの取り組みを実施しています

2 さんち研修

私たちは、さんちとお客様の架け橋となる存在。だからこそ現地でものづくりの工程だけではなく、さんちの背景や想いを体感・実感することを重要視しています。つくりての顔が見えるものづくりをしているやまとだからこそ実現できる研修です。

<沖縄さんち研修>

紅型や花織、草木染の工房、ひめゆりの塔の見学など1泊2日の開催。

ひめゆりの塔へ行かせて頂いたことで、花織や紅型といった工藝品がどのような時代背景の中にあったという事、それらを乗り越えて復興されて今私たちが手に取ることが出来ているのが奇跡に近いものだということを知ることが出来ました。これからはお客様はもちろん、スタッフにきちんとお伝えすることが出来るよう自分の言葉に変換して伝えていこうと思います。
<コクーンシティ店・K さん>

<沖縄さんち研修>

紅型や花織、草木染の工房、ひめゆりの塔の見学など1泊2日の開催。

ひめゆりの塔へ行かせて頂いたことで、花織や紅型といった工藝品がどのような時代背景の中にあったという事、それらを乗り越えて復興されて今私たちが手に取ることが出来ているのが奇跡に近いものだということを知ることが出来ました。これからはお客様はもちろん、スタッフにきちんとお伝えすることが出来るよう自分の言葉に変換して伝えていこうと思います。
<コクーンシティ店・K さん>

3 さんちとお客様をつなぐ

お店ではもちろん、さんち商品の善さをお客様に伝えるために様々な取り組みをしています。

さんち催事

お客様にさんちの善い商品に触れていただくため、定期的に開催しています。
直接作り手の話を直接聞くことや、体験することもできます。
(店舗ごと、エリアごとの開催)

展覧会の開催

東京国立博物館の応挙館・九条館にて、展示会を行っています。
道具や工程、つくりての想い、善いものを見て感じていただくことができます。

オンラインでの発信

常日頃から、Instagramのライブ配信を通して商品や会場の様子を全世界に発信しています。

オンラインでの発信