竹中 有希

アドバイザー

竹中 有希

2021年入社 前職:Tシャツ販売
趣味:日本画

やまとに入るきっかけ

以前から興味のあった業種でしたが、転職活動中に偶然、通勤圏内での募集を目にして応募しました。
きものについては初心者でしたし、まさか入社できるとは思っていませんでした。やまとという歴史のある会社で内定をいただき、嬉しかったです。
きもの屋というと、静かで話しにくい雰囲気だと思っていましたが、変な緊張感や重苦しさはなく話しやすい人が多く安心しました。
店頭の商品も魅力的で、面接でお会いした店舗の皆さんも含めお店の印象が良く、ぜひ一緒に働きたいと思いました。

やまとに入ってからのわたし

入社後最も成⾧したと感じる点は、やはりきものの知識や仕立ての知識です。特にさんちの作り手の方と直接お会いしたり、リモートでもお話を聞ける機会があることは、やまとだからこそだと思います。
ただ知識だけを伝えるのではなく、作り手の方の想いもお客様に伝えていけることに喜びを感じます。
販売して終わり、ではなく、きもののケアや、着こなしの提案、きもの日和(お出かけ会)や着付レッスン等、一つの販売から次へ繋がっていくことが他業種では味わえないやりがいだと思います。

きものは好きだけど、一緒に着る人がいない、着ていく場所がないというお悩みをお持ちのお客様と出会いました。その方に「きもの日和」をお誘いしたところ、初対面の方ともきものという共通の趣味の話題で盛り上がり、とても楽しかったと喜んでいただきました。
その後も、ケアにお持ちいただいたり、コーディネートの相談で頼ってくださったりと信頼関係が徐々に深まったことがとても印象に残っています。
まだ入社して一年程度ですが、自分一人でお客様へのアプローチから試着、販売、伝票作成、仕立て発注など販売に必要な一通りの業務をミスなく、自分のものにできるようにすることが今の目標です。