2000年から現在まで

2000きものリサイクルショップ「たんす屋」をFC展開。

2001上原多香子さんをイメージキャラクターに起用。

4通りのファッション提案「スーパーリバーシブル振袖」を発表。

「紬フォーラム」始まる。

2002創業85周年を記念し、新ブランド「歌・舞・伎」を発表。

つくりべの会」結成。

2003江戸開府400年記念事業参加。

おしゃれ長羽織「羽織でござる」を発表 。

2004「四大方向」発表。

「きものカジュアル化」を提唱。

新業態店舗「なでしこ」をオープン。

女優・寺島しのぶブランド「はなしのぶ」発表。

2005やまとの使命」発表。

「愛・地球博」パートナーシップ事業に参加。

東京国立博物館にて美裳会出展作品「桃山辻ヶ花」を展示発表。

2006創業90周年。

創業90周年記念・やまと美裳会「ルーヴルの美」発表。

2007きものの森」構想発表。

2010矢嶋孝敏会長、田村裕二社長就任。

きものアパレル化」を提唱。

多部未華子さんをイメージキャラクターに起用。

2011 前田敦子さんをイメージキャラクターに起用。

2012スタイリスト大森伃佑子さんをディレクターに迎え、

アパレルブランド「DOUBLEMAISON」立ち上げ。

グループブランド振袖レンタルショップidol設立。

「DOUBLE MAISON」青山にて初の展覧会「はじめまして」展開催。

「着る」を視点に着たいを叶える「着る推進室」新設。

多機能ショップ「なでしこ浅草EKIMISE店」オープン。

同ショップにて、駅できものレンタル「え・き・レン」スタート。

剛力彩芽さんをイメージキャラクターに起用。

2013やまと・なでしこ全店にてカンタン着付レッスン「着付倶楽部」スタート。

きものを着て出かける場づくり「きもの日和」全国各地で開催。

第10回「全国つくりべの会」記念全国大会が沖縄において開催。

「DOUBLE MAISON」2度目の展覧会となる

「早春のクローゼット展」を始め、クローゼットの内容が拡大。

剛力彩芽さんをイメージキャラクターに継続起用。

2014浅草に加え、金沢・天王寺・姫路にて「え・き・レン」拡大展開。

早見あかりさんをイメージキャラクターに起用。

早稲田大学寄付講座「きもの学・東京」にて

DOUBLE MAISONディレクター大森伃佑子さんと金沢21世紀美術館

キュレーターの高橋律子さんが対談。

2015きものテーラー「Y.&SONS」 神田明神鳥居並びにオープン。

やまと会長矢嶋 孝敏著「きものの森」出版。

新業態店舗「THE YARD」渋谷モディにオープン。

広瀬すずさんをイメージキャラクターに起用。

2016KIMONO by NADESHIKO 原宿をオープン(リブランディング)

伊藤元重・矢嶋 孝敏共著「きもの文化と日本」出版。

広瀬すずさんをイメージキャラクターに継続起用。

2017きものやまと100周年

創業から1998年まで

1917やまと創業。

19478月6日、株式会社やまとを新宿に設立。

1959矢嶋榮二社長(当時)渡米、専門店チェーンの構想を練る。

1963自社オリジナル商品の開発開始。

1965チェーン本部を新宿に開設。

きものポピュラー化に向けて全国展開。

1970撥水撥油(はっすいはつゆ)加工「はじく絹のきもの」を開発。

1972完全週休2日制を導入。

1973売上高145億、3桁企業となる。

1974オリジナル訪問着中振袖「らぶ」の発売。爆発的ヒットとなる。

1977坂東玉三郎さんをイメージキャラクターに起用。

業界初のチェーン店100店舗突破。

1978財団法人衣服研究振興会設立

現 一般財団法人「きものの森」

1982音楽の世界をきものに表現「サウンドファッション」を発表。

1984中村児太郎さんをイメージキャラクターに迎え、

オリジナルブランド「花舞季」発表。

1988矢嶋孝敏社長就任「KIMONO21世紀構想」スタート。

1990「きものファッション化」を提唱。

「エイトカラーゆかた」発表、ゆかたブームの火付け役となる。

1992週休3日制を導入。

1994お買い上げのお客様が1000万人突破。

1995瀬戸朝香さんをイメージキャラクターに起用。

1996安室奈美恵さんをイメージキャラクターに起用。

ヨーロッパ印象派絵画をモチーフに「美・印象派」を発表。

1998会社設立50周年。

国宝をモチーフにしたきもの「日本の美・国宝」を発表。