「NPO法人 博多織デベロップメントカレッジ」  
『新しい博多織の創造と、世界へ発信していく人材育成』というコンセプトを掲げ博多の文化と伝統の技術を習得した人材を育成する学校「博多織デベロップメントカレッジ(2006年設立)」。「日本のものづくり」への注目・関心が高まる昨今、10年目を迎える本年2月11日(木)〜2月16日(火)、同校主催にて本科最終学年の卒業展示を開催する運びとなりました。伝統を感じると共に「テキスタイル」という新しい切り口で博多織をアピールします。
 
【登壇者プロフィール】  
人形師  中村 信喬(なかむら しんきょう)氏
1957年、中村衍涯(えんがい)氏(福岡県重要無形文化財)の長男として福岡市に生まれる。博多人形は、福岡県の伝統工芸品のひとつで、黒田武士や芸者、美人物などの種類があり、焼き土人形である。79年九州産業大学芸術学部美術学科卒業。80年、人形作家 林駒夫氏(重要無形文化財「桐塑人形」保持者認定)に師事。85年、伝統工芸人形展に初入選、99年、日本伝統工芸展高松宮記念賞受賞。また、九州産業大学芸術学部美術学科や博多織デベロップメントスクールの講師として後継者育成にも力を入れており、多くの若い人形師を輩出。
 
【登壇者プロフィール】  
矢嶋 孝敏(やじまたかとし)
株式会社やまと 代表取締役会長 
1950年、東京都新宿区角筈生まれ。72年、早稲田大学政治経済学部卒業。88年、やまと代表取締役社長に就任。2010年、同社代表取締役会長。現在に至る。11年、一般財団法人「衣服研究振興会」理事長に就任。 著書「きものの森」。
博多織デベロップメントカレッジ卒業制作展示会 のご紹介
特別対談の日程期中、同フロアにて下記展示会も開催しておりますので、ここにお知らせ致します。
日時:2016年2月11日(木)~2月16日(火)
   朝10時~夜8時(入場7時30分まで)
場所:アジア美術館 8階 交流ギャラリー
入場料:無料
各種体験料:無料
・『織ってみよう!』博多織 手織体験
・『描いてみよう!』博多織 図案作成体験
・『覗いてみよう!』各種織 繊維をのぞきみ体験
・『触ってみよう!』各種織 各種布の感触を体験

【同時開催】
16th『博多つくりべデザインコンクール』
  『博多織DC10年のあゆみ』

アクセス:市営地下鉄 中洲川端駅下車、6番出口より徒歩すぐ

【主催】 NPO法人 博多織デベロップメントカレッジ 
〒812-0016  福岡市博多区博多駅南1-14-20  TEL: 092-472-5102