福利厚生
休日休暇制度
夏季連続休暇 8〜10日の夏期連続休暇を取得することができる。長期の旅行や帰省など、プライベートもしっかり楽しんでいる社員が多い。
リフレッシュ休暇制度 勤続10年ごとに特別休暇を取得できる制度。10年間で5日、20年間で7日、30年間で10日取ることができ、旅行券も支給される(5〜20万円)。
年次有給休暇制度 10日が設定されている。以降、最高20日まで1年ごとに加算される。その年度に取得されなかった分は、翌年度に限り繰り越される。
積立有給休暇制度 期間内に取得できなかった有給休暇を最高80日まで積み立てて、本人の病気やけがなど、休業を必要とする場合に使用することができる。
特別休暇制度 「赴任」及び「冠婚葬祭」のある場合、1〜6日の特別休暇を取得できる。
育児休職・短縮勤務制度
「子供ができても働きたい、長く働きたい」という声をやまとは支援している。だから、産前6週間、産後8週間の休暇は当然 のこと、その後、育児のために子供が2歳になるまで、男女問わず、休職が認められている。期間中社会保険の個人負担額と定額1万円が、手当として支給され る。さらに、育児のために子供が小学校卒業まで勤務時間を週35時間、または週30時間に短縮することができる育児短縮勤務制度もある。
介護休職・短縮勤務制度
いろいろな事情があって、家族の介護をしなくてはならなくなった場合をあらかじめ想定して、最高1年までの休職が認められる。期間中、社会保険の個人負担額と定額1万円が手当として支給される。また、短縮勤務は介護を必要とする者一人につき通算24ヶ月を限度として認められている。
特別半休制度
育児・介護短縮勤務者に対して年間12回の「育児介護特別半日休暇(呼称:特別半休)を新設し、本人の希望により半日単位で有休を取得できる。
リエントリー(再雇用)制度
在職が6カ月以上であれば、やむを得ず退職した後も、本人の希望と勤務先があえば復職できる制度。一度身につけたキャリアを生かすことができる。「子供が小さいうちは一緒にいてあげたい。でも、やっぱり仕事もしたい」などの理由で女性社員を中心に好評だ。
自己申告制度
年に一回、自分の希望や将来のキャリアアッププランを会社に直接ぶつけられる制度。会社は社員の希望を把握することで一人一人が働きやすい環境づくりを行っている。
帰省手当制度
ゼネラル社員が、居住地から帰省先までの往復交通費が2万円を超える場合、交通費の一部(2万円を超えた分全額)を会社が負担するという制度。「ジョブローテーションで経験を積み、能力を伸ばしたい」「プライベートも大切にしたい」という声をバックアップしている。
※販売職(きものストア社員)には適用されません。