仙台駅ビル店 セールススタッフ
戸田 千絵里 Chieri Toda
2015年入社、仙台駅ビル店配属。担当するお客様の数も増え、信頼されるプロの販売員を目指して日々自分を磨く。

 

やまとに入社を決めた理由は?
やまとの「人」に惹かれて入社しました。選考であう人事の方たちはもちろんですが、店舗見学の際にお話しをしてくださった営業店の方たちがとても親切でいて飾らない方が多く純粋に「かっこいい!」と思いました。自分も働くならこういう人たちと一緒に働いてみたい、自分もこうなりたい!と思ったのが入社を決めた一番の理由です。やまとの一社員として、一販売員として、いつか自分も魅力的な人だとおもってもらえるように努力していきたいです。

販売員として普段から心掛けていることは?
なんでも話しやすい存在でありたいと思っています。着物に普段触れない人たちにとって着物は「いいな」とは思ってもなかなか敷居の高いものです。だからお客様がご不安に思っていることを販売員の私が聞いて解消することが一番きものに親しんでいただける近道だと思っています。そのためにもなにげない世間話や仕事の愚痴からお客様が思っている本音の部分を話して頂けるよう心がけています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
自分のご提案したスタイリングでお客様がきものを着てくれたときが一番「やっててよかった!」思います。振袖にしてもカジュアルな着物にしても、今の時代何着もそろえるものではないからこそ「これだったら着たい」とお求め頂いて、それを着てお出掛けしてもらえると言葉にはできない達成感があります。そのためにも着付けクラブなどのお客様フォローは一生懸命やっています。

今後の目標は?
自分が担当しているお客様全員が着物を着れるように着付けクラブの実施回数を増やす事です。作っていただいた着物をたんすの肥やしにせず、一人でも多くの方が着てもらうために自分ができることは着付けを覚えてもらうことなので今まで以上に取り組みたいです。

 

 

 

 
INTERVIEW
   
 

Q1.学生時代に力を入れたことは?
ゼミ活動の一貫であるフィールドワークに力を入れました。タイに行き、1ケ月間バックパッカーの人たちにインタビューをして調査。見ず知らずの人に話しかけてインタビューを依頼してアンケート結果をまとめたり記事をまとめるのは期間が限定されているだけにとても大変でした。ですが、初対面の人にとって話しやすく本音を話してもらえるように心がけた点においては今のこの仕事にも活きていると思います。

Q2.休日の過ごし方は?
ネイルサロンやよもぎ蒸しなどに行って自分磨きをしています!

Q3.やまとの好きなところは?
様々な人と話せるところです。普段だったら話したりしないようなお医者さんやシステムエンジニアの方など様々な職業や年齢の方と話せるのはこういう販売職ならではと思うので好きです。

Q4.学生さんに一言
就職活動は少しでも興味のある業種は全部見るべきです。自分自身「着物屋になりたい!」というより「着物屋ってなにしているのだろう」という興味から説明会に行ったのがきっかけで入社しました。一生でたくさんの企業の人と話せる機会は就職活動以上にありません。チャンスを無駄にしないためにもいろんな企業を見てみてください。