事業創業本部 商品部長
高原 達也 Takahara Tatsuya
1995年入社、宇都宮駅ビル店配属後はチーフ、店長、商品部でマーチャンダイザー、次長を経験し、現在は事業創業本部 商品部長に。

 

事業創業本部 商品部での部長とはどんな仕事ですか?
商品本部の方針に沿って、部内のMDを統括し、主に正絹カジュアル商品の開発、販促を手がけています。普段にきものを着たいというお客様が増えている中、着てみたいと思ってもらえるカジュアル商品を魅力あるスタイリングにて提案できるよう日々模索しながら、ヒット商品開発を目指しています。

部長として普段から心掛けていることは?
トップダウンではなく、部内のマーチャンダイザーが意見を出しやすい環境をつくるようにしています。自分自身も含め、考えることのできる社員を育成していくことが、今後のやまとにとって必要だと感じています。

仕事のやりがいは?
自分たちが世に発信した商品や提案が、お客様、店舗スタッフに評価され、成果につながったときにやりがいを感じます。またそれにともなって、商品を創ってくれる産地取引先に潤いを与えることができたときに喜びを感じます。また、“流行を生み出す”という意味での影響力の大きさもやりがいに感じ、自分たちで企画・開発した商品が世の中の流れを変える、スケールの大きさも感じる仕事でもあります。

今後の目標
きもの着用人口を増やしていくこと。きものをもっと身近に着ていただけるように、何が出来るのかを常に考えています。お客様のきものに対する不満を解消し、自由にコーディネートを楽しめるきものスタイルを今後も提案し続けていきたいと思います。

 

 

 
INTERVIEW
   
 

Q1.やまとの好きなところは?
熱い気持ちを持った社員が多いこと。「この人のために頑張ろう」とお互いに思える社員が多いことが、今も続けられている一因です。

Q2.学生時代に力を入れたことは?
1.野球
小学校1年生からはじめ、いまでも続けています(今はソフトボールです)。体育会的なのりが大好きです。
2.飲食店でのアルバイト
様々な料理を作っていましたので、独身時代の食事には非常に役立ちました。

Q3.休日の過ごし方
日曜日は朝7:00から地元のクラブでソフトボールをしています。平日は出張で家を空けることが多いので、ソフトボール以外は家族と出掛けるようにしています。

Q4.学生さんに一言
どんな職業に就くかも大事ですが、自分がその会社で何をしたいのかを真剣に考えて就職活動に臨んでください。入社してから学べることは沢山あります。なんとなくではなく、まずは何がしたいのかを出発点とし、後悔のない就職活動を!