羽生店 店長
大屋 亘 Ôya Wataru
2007年入社、なでしこ宇都宮パルコ店配属。
FKDインターパーク店でチーフを経験し、2015年に郡山店店長に昇進。
2018年現在は羽生店店長。

 

店長とは具体的にどのような仕事ですか?
やりがいと責任の共存です。お店の大黒柱としてプレッシャーはありますが、その反面自分の好きなお店作りができるので、達成感もあります。また、きものビギナーのお客様が着付けを出来るようになったり、スタッフの日々の成長を感じる時が嬉しいです。父親になった気分になります(笑)

店長として普段から心掛けていることは?
お客様がご来店しやすいお店作りとスタッフが生き生きと働ける環境づくりです。仕事なので仲良しクラブであってはいけませんが、まずはスタッフ間のコミュニケーションを大事にしています。時には家族以上に一緒の時間を過ごすので、対話は欠かさないように心がけています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
1つの目標に向かって、スタッフ全員で成し遂げた時の達成感は感慨深いものがあります。
うちのチームが試合に「勝った!!」という感じです。

今後の目標は?
1人でも多くのお客様にきものの良さ・魅力をお伝えし、「着るを楽しむ」を感じていただくことに尽きます。また一緒に働いているスタッフから、キャリアステップをしてチーフやコンサルタントが誕生してくれたらと思っています。

 

 

 
INTERVIEW
   
 

Q1.学生時代に力を入れたことは?
サッカーです。大学のサークルと社会人のサッカーチームに所属していました。完全なる「サッカーバカ僧」でした!

Q2.休日の過ごし方は?
温泉に行っています。サウナからの水風呂は病みつきですね。

Q3.やまとの好きなところは?
自分次第で結果が変わるところ。未経験からのスタートだからこそ、誰にでも成長のチャンスがある。やるやらないも自分次第!この仕事はそれがダイレクトに跳ね返ってくるので、やりがいを感じます。

Q4.学生さんに一言
やまとで働く多くの社員はきもの未経験者です!就職活動には不安がつきものですが、アレコレ考えすぎて行動できなくなるのはもったいないと思います。チャレンジ精神・なんとかなるさ精神も大切な要素だと思います。くれぐれも身体には気をつけてくださいね!