事業創造本部 営業部長
本山 茂広 Motoyama Shigehiro
1997年入社、横浜店配属後はチーフ、店長、商品部でマーチャンダイザー、なでしこ部部長を経験し、現在は事業創造本部の営業部長に。

 

なでしこ部、また事業創造本部での部長とはどんな仕事ですか?
会社の経営方針や部の営業政策に沿って、部内のブロックマネジャーを統括、関連部署と連携しなでしこ部売上予算達成並びに営業利益増大を目指します。 事業創造本部創設後は、今まで培ったノウハウを活かしながら、新たな「店舗演出」「商品開発」「営業施策」を日々模索しながらブランド構築を行っています。

普段から心掛けていることは?
何より「謙虚」であり続けること。上長、部下それぞれ役割はありますが、仕事はお互い様で成り立っています。だからこそ、役職や年齢に関係なく、自分に関わる全ての人から様々なことを吸収する気持ち・姿勢を持ち続けることで自分の幅が広がると思っています。その結果として自身が成長していくとが周りの仲間やお客様へ良い刺激や影響を与えられるのではないかと思います。

仕事のやりがいは?
ズバリ「変化した時」伝わって欲しいことや、やろうとしたこと全てが思った通りにならないことも多いのが仕事の世界ですが、新たに考えた演出や施策がスタッフやお客様へ評価されて成果につながった瞬間は気持ちが良いです。また向かっていくべき姿を目指して、一所懸命努力しているスタッフと時間を共有出来ることは大変やりがいに繋がります。

今後の目標は?
なでしこは10年という一区切りを超え、新たな成長へ向かう正に過渡期にあります。一言で表せば「リブランディング」を進める時。今あるものを取捨選択しながら新たなモノ・コトを創造していくことは決して容易ではありませんが、未来へ向けた取り組みを考え進めていくことは同時にやりがいでもあります。なでしこというお店が「20代のきものの入口を担うコンセプトショップ」であり続けられること、今よりもっと良くなり拡大していくことが目標です。そして、今現場で働くスタッフが今より高いステージ・職務で活躍する場を増やしていきたいです。

 

 

 
INTERVIEW
   
 

Q1.やまとの好きなところは?
熱い気持ちを持った社員が多いこと。
ここぞという時の一体感とパワーは”やまと”ならではだと思います。

Q2.学生時代に力を入れたことは?
1.剣道
男子校で理不尽な環境!?で育てていただいたあの時があるから、今も少々なことではへこたれません。
2.ガソリンスタンドでのアルバイト。
当時社員にスカウトされました。ちょっとした車やバイクの故障は直せます!

Q3.休日の過ごし方
出張も多く家を不在にすることも多いので、休日は息子と一緒にめいっぱい遊んであげます。

Q4.学生さんに一言
どんな職業に就くかも大事ですが、会社を自己成長のためのインフラとして自分がそこで何ができるのか?その視点を持って就職活動に臨んで下さい。
会社に何かしてもらうではなく自分に関わる人達に何を与えられるのか?を考えてみてください。