採用教育課
森 優輝 Mori Yuki
2012年入社、名古屋ターミナルビル店配属後、人事課で採用リクルーターを経験後、現在は採用教育課にて新入社員教育と社内会議の企画運営に従事。

 

採用教育課とは具体的に何をしている部署ですか?
社員の定着、育成」に向けて、あらゆる階層に向けて教育研修を行なっています。具体的には、新卒採用入社社員、中途採用入社社員に対する教育研修や、全店店長が一堂に会する店長会議の立案運営、また産地に赴いての実地研修など多岐に渡ります。

採用教育課での森さんの役割を教えて下さい。
新卒採用入社社員や中途採用入社社員に対する研修のカリキュラム立案から準備、運営に至るまでを 任されています。また、各会議が滞りなく実施できるように準備、運営をすることも主幹セクションの一員としての役割です。

研修・教育に携わる上で心掛けていることは?
第一に考えることは、今会社がどこを目指して進んでいるのか、ということです。毎年研修や会議の実施回数やタイミングは同じでも、内容はその都度変わります。それは時代や世相によって会社の指針も変化するからです。会社を代表して社員教育を行なうセクションとして、どこよりも敏感にその変化を感じること、その上で参加者の現状を分析し、参加者に寄り添いながらも次のステップに導くような効果的な研修が実施できるように心掛けています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
研修に参加したメンバーが現場で活躍できた時が一番嬉しい瞬間です。もちろんそれは私達の力だけではなく、店長をはじめとする店スタッフのフォローと努力の賜物ですが、やはりやってよかったと思える瞬間です。研修の成功は8割方準備段階で決まると思って準備をしているので、カリキュラム策定中は頭がパンクしそうな時もありますが、実際に形となって研修を行い、それが成果となって現れる瞬間にやりがいを感じます。

今後の目標は?
過去に囚われず新しい方法を創造し続けられる人になることです。これは常々上司から言われ続けていることで、社内のみでなく社外からもどんどん情報を仕入れ、今までにない新しいものを創造してほしいと課せられています。まずは今、担当させて頂いている研修で、より効果的で参加者に新しい刺激を与え続けられるカリキュラムを組み立て続けることを自らの使命とし、ゆくゆくは会社の中で無くてはならない人になれるように日々精進していきます。

 

 

 
INTERVIEW
   
 

Q1.学生時代に力を入れたことは?
小学生の時からずっと野球少年でした。苦しくても耐え抜く根性と、目標に全員で向かっていく熱いチーム魂を叩き込まれました。私は幼い時から今に至るまで、本当に「人」には恵まれてきたと思っております。今いるところで全力を尽くすことが、今まで私を育てて頂いた全ての方への恩返しだと思っています。

Q2.休日の過ごし方は?
仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切りながら、頭のリフレッシュに努めています。(仕事が頭から離れない時がよくありますが…笑)身体のリズムが出来上がっているらしく、長く寝たくても早起きしてしまうので、ぶらぶら~と街に繰り出して、おいしそうな食事屋を見つけたら1~2時間並んででも食べます!新しい発見を求めてぶらついている感じですね。

Q3.やまとの好きなところは?
目標に向かって突き進む熱い社員が多いところ!体育会系という意味ではなく、負けず嫌いで目標意識の高い人が多いと思います。
 会社としてもリーディングカンパニーとして、今までのやり方に囚われずに新しい道を切り拓いていく姿勢に、入社時から、今でも惹かれています。
 接客も、お客様に寄り添ってお客様毎に合わせた対応が求められ、毎日ドキドキしながら店頭に立っていました。本当にお客様に育てられる仕事だと思いますし、自分事ながら人間力がどんどん高まる仕事だと思います。

Q4.学生さんに一言
「そこで何ができるか」よりも「そこで何がしたいか」で“仕事”選びをして頂きたいと思います。
言われたから…与えられたから…仕事だから…する仕事なのか、実現したい「想い」を持ってする仕事なのかでやりがいは大きく変わると思います。私は仕事の為に生きているわけでも、プライベートの為に仕事をしているわけでもなくて、仕事もプライベートもどちらも充実していなければ面白くないと思っています。仕事は苦しいことの方が多いかもしれませんが、学生時代の“楽しい”とは別の楽しさがあります。転職は今の時代簡単にできるとは思いますが、それでも学生から社会人になる一番大切な時期の就職活動です。ぜひ今だからこそ、“会社”で選ばず、“仕事”で就職先を選んでいただきたいと思います。