やまとロゴ
年末年始着姿フォト大募集


みなさま、素敵な写真・エピソードを多数お送り頂き、ありがとうございました!
年を追うごとに写真のレベルが上がり、とてもハイレベルな選考となりました。
一枚の写真にこれだけのエピソードがあるというのは、きものには普段のお洋服にはあまりない「想い」があるのだと、改めて感じられます。
また今回のご応募の中でも、誂えたものや譲られたもの、レンタルしたもの、アンティークetc…と
きものの種類や着方は本当に多種多様でした。
これからも、より沢山の方が自由に、楽しく、きものを着てお出かけして頂けましたら、スタッフ一同嬉しく思います。




  佐賀県  執行様

  今年の成人式前日の前撮り写真です。娘を赤ちゃん時よりご存知の知り合いのカメラマンさんに撮って頂きました。
  写真撮影時は夫、私、娘と祖父 祖母にも来て頂き、家族写真を撮影後、食事会を行ないました。帯は祖母から譲り受けた帯を娘に託しました。
  娘はその後直ぐに留学でNZに旅立ち11月下旬に帰国しました。現在、引き続き大学生活を送る為に京都在住です。元々浴衣が大好きで、京都の大学に入学した際に祖母の勧めもあり、着付け教室へ通いました。
  帰国後も、着物愛に目覚め、着付けや所作をまなびなおしています。
  着物は日本古来の伝統美に、思い出を重ねていくものだと思います。誕生日の関係で娘はまだ20歳。今から様々な経験を重ね、一生懸命生きていくことだと思いますが、その人生の節目や何気ない日常に着物があると思います。

 



  愛知県  岡田様
  12月、京都の雲龍院での1枚です。憧れの着物デート。共通の趣味であるカメラを持って、お出かけしました。
  僕は友達に借りたアンティークの着物、彼女は彼女のお母さんの大島紬を着用。いつもとは違う、特別な思い出になりました。
   今、2人とも貴社に憧れのMy着物を仕立てていただいているところで、1月には出来上がる予定なので、来年はお互い自分の着物で!と次の着物デートの約束をしました。またひとつ、着物で出かける楽しみができました。


  
 

  宮城県  後藤様



  出会った時から、自分のお店を持つのが夢だと話していた友人。彼自身もお着物が好きで、着物姿をよく目にします。仙台という着物が似合う街に、もっともっと着物姿の人が増えたらいいね、という話をよくしています。
  そんな彼が作りたかったお店、和服も洋服も似合う場所。
そして、オープンした彼のお店は、まさに和服も洋服も似合う場所で、いろんな人が集まるステキなところ。 彼のセンスと、人柄の表れ。
  お気に入りの藍のお着物で、彼がたててくれたお抹茶をいただいて、幸せすぎる、わたしのこの笑顔です! ちなみにわたしのこの表情を逃さず撮ってくれたのも、その彼です!




  千葉県  小山様
  妹のように可愛がっているお友達、そして、赤ちゃんの頃から家族のように育ってきたそのお友達の下の娘。今年、7歳の七五三を迎えました。我が子のように愛しく、そしてここまで無事に成長してくれたことに、心がジーンと温まる思いです。
  いろいろと大変な時期もありましたが、これからも、本当の家族のように助け合って、生きていこう!そして、大事な人生の節目には、こうしてお着物を着て写真をとろう!
  素敵な思い出を作ってあげること、それが私にできる唯一のプレゼントです。
 




  北海道  斉藤様

  成人式の日に、母も着物を着て写真を撮っていただきました。私が20歳になった時に、一緒に着物を着て写真を撮ることが、母の長年の夢だったようです。
   仲良しな母と、普段の私たちの表情で、着物を着てお写真を撮っていただけて嬉しいです。
     まだまだ両親にはお世話になりますが、20年間可愛がって育ててくれてありがとう!! 素敵な思い出を作ってあげること、それが私にできる唯一のプレゼントです。




  愛知県  小谷様

  私は叔母の振袖を着て成人を迎えました。帯もとても綺麗にしていただき、可愛いかすみ草を髪飾りとし、何よりもこんなにも素敵な振袖を着ることが出来た事を幸せに思います。
   撮影場所は高校生時代にアルバイトをしていた結婚式場のステンドグラスをバックに。
   いつか生まれる子供も、女の子でしたら成人式はこの振袖を着て欲しいです。
   昔からお着物が大好きでしたが、この日から更に好きな気持ちが高まり、今年は思い切って普段出かける際などもお着物を着たいと思っています。 日本人に生まれて良かったです。

 



  東京都  粕谷様

  昨年春、念願だった習字教室を立ち上げました。5歳で習字を始め、大学卒業後、一般企業や大学で15年ほど働いてきましたが、やっぱり私にはこれ!という習字の先生をどうしてもやりたく、大きな教室で下積み3年をしたあと、晴れて自分の教室を持つことに。
   着物を自分で着られる習字の先生はかっこいいな、と思い、着付け教室にも通い、なんとか自分で着物を着られるようにもなりました。
   去年からは書展にも着物で行っています。今年年始に、10歳になる、教室の生徒でもある息子と共に、二人で着物で筆を持って撮ってみました。




  京都府  竹内様

  カメラ仲間と着物を着て京都の寺院を回った際に撮影した1枚。関東から友達カップルが自分の着物を持って、遊びに来てくれました。
  寺院までの道のりで、階段があった際に彼氏が彼女にそっと手を差し伸べて歩いていたので、後ろから撮影。ちょうど夕陽が差し込んで、2人の幸せな雰囲気も表現できたお気に入りのショットです。

 



  京都府  土井様

   成人式の前撮りにて20年という月日の速さを実感致しました。家族や友達に恵まれ幸せな毎日に、感謝の気持ちを伝えることができ嬉しく思います。

  石川県  水橋様

  実家に帰省してのお正月。今年は気分を変えて和装してみました。
 背すじが伸びて、良き新年を迎えることができました。両親も、いつもより喜んでくれたような気がします。