prev
next
     
  鹿児島県 野村様
  1月4日に和装でみんなで集まって新年を祝う会をしました。
私の同級生が中心なのでその大半が20代。
普段着物なんて着ない人ばかりですがみんなで頑張って着てみようと企画して30名程で集まりました。
お店のオーナーさんがとても良い方で宝山の酒樽を
サービスしてくださり鏡割りが出来ることに★
パーティー参加者に結婚が決まった私の友人カップルがいたので鏡割りをそのお二方に^^
はじめての体験に照れ笑いする1枚があまりに可愛らしかったので応募します。
 
 


長野県 成田様

友人に誘われて、初めて着物を着ました! アンティーク着物を着つけていただき、歴史的な街を歩く。
ただそれだけのことが、なんて楽しいんだろう! うれしくて、着物を着ている間ずっと、にこにこしてしまいました。 途中で通りかかった、素敵なカフェで一息。 着物を着ると、楽しいことがもっと楽しく、おいしいものがもっとおいしくなる気がします。 「この着物にこの帯があうなんて!」とか、「これも帯どめに使えるかも!」とか、今まで気にしていなかったものも、着物の楽しさを覚えてから、なんだかキラキラして見えるようになりました。
友人と、あんなコーディネートがした
 


い、あそこに着物を着ていきたい、
とおしゃべりがはずみます。
先日、自分に合わせた、自分だけの着物を
仕立てていただきました!この着物をいつ
着るか、どんな小物を合わせようか、楽し
みでなりません。
初めて着物を着たこの日からずっと、着物
の魅力に夢中です!
 
大阪府 松谷様
今日は夫婦そろって着物でコンサートに行ってきました。
その前に少し時間があったので、大阪城公園を散歩しました。
大阪城公園は、半年前、結婚式の日に写真撮影をした思い出の場所です。あの日は、タキシードにウェディングドレス姿だったので、いろいろな方から「ヒュ~♪」と祝福していただき、今日は着物姿だったので外国人観光客の方に「ヒュ~♪」と写真をとられました。
私達が着ている着物は、曽祖父、祖父、祖母、母から譲り受けたものです。 こうやって仕立て直して受け継いでいけることが着物の良さのひとつなんだと思います。
これからも二人で着物でお出かけして、たくさんの思い出をつくっていこうと思います。
 

山口県 清水様
着物が大好きで、着付け教室の講師でもありほぼ毎日着ています。
ずっと習いたいと思っていた三味線を始めることができた喜びを写真で撮って頂きました。 習いはじめて1年。愛おしそうに三味線を見つめているこの写真とても気に入っております。ちなみに三味線の腕前はとんでもなく下手くそです。
 
         
山形県 遠藤様
着物で初詣を目標に11月から着付倶楽部 で着付を習いました。元旦に彼と目標の 着物で初詣に。そこで彼に撮ってもらっ た写真です。 着物でいくことは言っていなかったので、 彼も驚いた様子で「綺麗…」と褒めてくれ ました。綺麗なんていつもは言われないの で本当に嬉しかったです。 彼と一緒に初詣に行くのは今年で4回目。 着物でいつもと違う雰囲気の私に喜んでく れているようでした。 着付がんばってよかったです!
  滋賀県 中西様
職場の元先輩から煎茶のお茶席に招待していただいた時、先輩と娘を撮影したものです。 先輩は退職後も趣味の煎茶をされており、この日は久しぶりの再会でしたが、着物姿がとても素敵でイキイキとされていました。 娘たちは初めてのお茶席で、ちょっぴり緊張気味。でも初めての着物は大喜びでした。 なかなか着物を着る機会がなかったのですが、今回をきっかけにこれからはどんどん娘たちに着せてあげ、私自身も着たいと思いました。
  新潟県 藤森様
雪国ならではを象徴するように、娘夫婦の足元は、草履ではなく2人ともブーツ。でも、もうひとつ理由があります。手に持っているのは、安産祈願でいただいたお札。「お腹が少し大きくなっても、おばあちゃんの着物を着てお参りしたい」という娘の希望です。 柄の大きさを変えたこのアンサンブルは、母が40代の頃、着ていたように覚えています。
婿の着物は、夫が30年前に母からしてもらったのを真似て結婚した時に贈りました。ようやく日の目をみました。
         
栃木県 海老原様
幼い頃から浴衣や着物が好きで、同じく着物が好きな友人と毎年、和装を楽しんでいます。 去年、素敵な帯を新調したので、それに合わせて着物も反物から作りました。着物も帯もお気に入りです♡大満足!!
  東京都 浅田様
5年前に購入した大島紬を着る機会がなく、箪笥の肥やしにしていたところ、昔の部下が鶴岡八幡宮で仏前結婚式を挙げてくれたので、夫婦で着物を着て参加しました。 この時、式の模様を一番前で必死で写真撮っていたところ、後ろの着物を着た女性たちから、花嫁の写真を撮りたいので、場所を譲ってもらいたいから「写真を撮らせてください。」と言われたと思って、場所を開けたら、「あなたの着物姿を撮らせてください。」ともう一度言われて、一瞬何を言っているかわかりませんでした。 今までこんなこと言われたことがなかったので、舞い上がってしまいました。 さすが、大島紬でんなぁ~
  長野県 河内様
善光寺門前の、とあるカフェ。 ずっと来たいと思っていたこの横町のカフェは、モダンでありながらクラシカルな雰囲気で、着物姿がすっと馴染みます。 お気に入りの紫の着物を、やまとさんでいただいた、黒猫と白猫が遊ぶシックで遊び心のある黒の帯でまとめました。 猫の軽やかさに合わせて、イヤリングも華やかなものに。 猫と一緒に、心もはずみます。 おいしいお茶とスイーツをいただいて、着物でのひと時を満喫。 心なしか所作も美しくなります。
ページの先頭に戻る