やまとロゴ
 

「2018浴衣スタイル徹底研究!後編」





Y. & SONS

ブランドコンセプトについて教えてください。

平松:「メンズ着物テーラー」です。採寸・お誂え・お仕立までの行程を業界最短の2週間で承っています。また、洋の小物も扱っていて、従来の着物屋に見られない幅広いコーディネートを提案しています。

今期の浴衣のテーマを教えてください。

平松:「伊藤若冲」のシリーズ、「無地感」、「羽織スタイル」の3つです。

ワイサンの平松さん

Y. & SONS担当:平松さん

 


「伊藤若冲」モチーフの浴衣は昨年も作っていたかと思うのですが、なぜ、伊藤若冲を選んだのでしょうか?

平松:男性着物の長襦袢や羽裏に、北斎の絵は多く使われているんですが、若冲は今まであまり無かったんです。若冲は鮮やかでいきいきとしたタッチの絵を描くので、浴衣に取り入れてみようということになりました。絵の表情が一番綺麗に出るように、柄ひとつひとつに合わせて綿紅梅や綿麻など、素材を選んでいます。

2018浴衣

染めてみて、思ったように色が出ないこともありますか?

平松:もちろんです。試行錯誤を繰り返して、今年の浴衣が出来ました。

なるほど。では、今年のイチオシコーディネートを教えてください。




平松:ジャケットのように気軽に、すっきりと着ていただける柄で作りました。

合わせる帯はどんなものがオススメですか?

平松:個人的に私は赤が好きなので赤がオススメですが、Y. & SONSの浴衣は基本的に何色の帯でも合わせられるように作っています。なので、スーツに合わせるネクタイのように、着る方に似合う色、好みの色で決めていただいて良いと思います。初めて来店されたお客様には「浴衣とか帯って、やっぱり決まりがあるんですかね……」と言われることも多いのですが、「無いですよ、洋服と同じ感覚で選んで良いんですよ」とお伝えしています。

足元にも、下駄ではなくサンダルを合わせていますね。

平松:これは葉山の「げんべい」というビーチサンダル専門店にお願いして作っているもので、足の部分にY. & SONSのロゴと、サイズが漢数字で入れてあります。下駄は年に数回しか履かない……という方にとてもオススメの一足で、今年非常に人気です。



数ある若冲の絵の中で、象を選んだ理由は何ですか?

平松:若冲と言えばこの象、というくらい有名な絵で、ずっと前から作りたかったのですが、インパクトが強すぎるのではと昨年までは断念していたんです。今年ついに作り、とても好評です。図案にインパクトがあるので、色合いにはとてもこだわりました。

浴衣「花七宝」パールグレー/¥29,900+税
(迫力がありつつも、どことなく和んだ雰囲気の象。背布の配色にもこだわりました)。



平松:Y. & SONSでは毎年伊藤若冲シリーズを作ってきたので、「今年の若冲シリーズの新作は何だろう」と楽しみにしてくださっている方も多く、そういった方にも、とても喜んでいただけました。





平松:洋服に羽織ることで日常に和のテイストを入れ、着物の良さを感じていただければと思っています。この着方は昨年の春夏コレクションからご紹介しているんですが、日本の方だけでなく、海外の方にもとても好評で、海外からのお客様の半分くらいは、プレタの羽織を買って帰られます。


着物よりも気軽に着られて、且つ、はっぴなどよりもずっとスタイリッシュで……と、きっと海外の方にとっても日本らしさと格好良さの良いとこ取りが出来るアイテムなのでしょうね。

最後に、男性が浴衣を着る際に、これは守るべし!というポイントはありますか?



平松:何よりもまず、帯の位置をウエストではなく腰にすること。ベルトのようにウエストで巻くと、とても子どもっぽくなってしまいます。
あとは寸法ですね。男性の浴衣は、女性の浴衣と違っておはしょりが無いので、浴衣の着丈が自分の身長に合っていないと、足首がにょきっと見えたりして不恰好になってしまいます。着丈は特に注意して選ぶ、もしくは自分の寸法に合わせて仕立てるのがオススメです。




浴衣に合わせるオススメのアイテムはありますか?


平松:女性よりも(飾り紐や帯留などの)身につけるパーツが少ないので、使う小物がポイントになります。いつもの鞄の替わりに巾着や、かごバッグを持つのもおしゃれです。



ありがとうございました!



 
トップへ戻る