やまとロゴ

「2018浴衣スタイル徹底研究」(前編)

浴衣の季節が今年もやってきました!
今回はやまとの5ブランドDOUBLE MAISON/KIMONO by NADESHIKO/きものやまと/Y. & SONS/THE YARDの担当者にインタビューを行い、2018年のトレンドと一押しスタイリングをご紹介。製作秘話やコーディネートのポイントなど真似したくなる情報満載です。

 
2018浴衣スタイル徹底研究
今週はDOUBLE MAISON/KIMONO by NADESHIKO/きものやまとの3ブランドの浴衣をご紹介します。


DOUBLE MAISON

ブランドコンセプトについて教えてください。

大山:「おしゃれが大好きな女の子たちが住む、ずっと昔からある建物」が、DOUBLE MAISON(ドゥーブルメゾン)のコンセプトです。女の子たちのクローゼットをイメージして、洋服や着物を作っています。和・洋にとらわれず、例えば帯留をブローチとしても使うなど、自由なコーディネートをご提案しています。

2018年の浴衣はどんなテーマでしょうか。

大山:今年は、DOUBLE MAISONに住む女の子たちの部屋を思い描いて浴衣を作りました。壁紙や、ピッチャー、バスケットなど……なつかしくて胸がきゅんとするような、「家の中の風景」を切り取っています。



なるほど、そう思うと今年の浴衣の名前も「あの庭で見た、カンパニュラ」や「西陽の差す部屋に」など、ノスタルジックなものが多いですね。



では、今年イチオシのコーディネートを教えて下さい。

【時には木陰に寝転んで・黒】



浴衣から小物まで、ギンガムチェック一色! でも、柄がぶつかり合わずコーディネートにまとまりがあります。何かコツはあるのでしょうか?

大山:チェックの大きさをアイテムごとに変えるとまとまりが出ます。DOUBLE MAISONは洋服でもギンガムチェックのものを多く作っているのですが、今年、ギンガムチェックで浴衣を作る際にも、洋服生地に近い綿麻の素材を使い、和洋をバランス良くミックスしました。また、トータルでコーディネートが出来るよう、日傘や扇子などの和洋兼用の小物も作っています。

2017浴衣スタイル徹底研究

素材や小物も含めて和洋ミックスになることで、バランスの良い着姿になっているのですね。



黄色なのにこんなに大人っぽい雰囲気の浴衣というのも、珍しいですね。

大山:青みのある黄色を使ったことで、子どもっぽくなりすぎないようにしました。帯も青色を合わせて、また浴衣に入っているストライプも、黒ではなく青みの紺です。全体の色をブルーに寄せることで、上品且つ目を惹く雰囲気にまとめました。

ピッチャーから水やミルクではなく花が注がれている、という柄がとても個性的でかわいいです。

ギヤマン徳利マロンのページへ
大山: DOUBLE MAISONらしい、エッジが効いたかわいさかなと思います。柄は、ヴィンテージクロスから着想を得て作っています。
DOUBLE MAISONがあるのは「いつかどこかの小さな街」というコンセプトで、時代や場所を固定していないので、今年はフランスのカンパーニュ地方をイメージして、全体にノスタルジックな雰囲気にしました。

 

 

なるほど、そういえば昨年のDOUBLE MAISONの浴衣は江戸がテーマでしたね。
この帯につけているのは、パールのブローチでしょうか?洋風で、装いのポイントになっていて可愛いです。

2017浴衣スタイル徹底研究

大山:はい、金具を縦に付けて、帯留としてもブローチとしても使っていただけるように作りました。和洋にとらわれず、自分らしいおしゃれを楽しんでいただけたらと思います。



浴衣にサンダル、ハットはとても新鮮な感じがします!

大山:DOUBLE MAISONらしい和洋ミックスで、このコーディネートは白がポイントです。浴衣として着てもかわいいですが、白衿をつけて、白のレース羽織、サンダル、ハットと合わせて涼しげにまとめると、落ち着いた着物風の装いにもなります。このコーディネートだと、夏の一足先、それから秋口まで、着姿を楽しんでいただけます。


ギヤマン徳利マロンのページへ

 

 

この着方なら、花火大会だけでなく、美術館や、ホテルでお食事……といった場所にも着られそうですね。

DOUBLE MAISONは現在オンラインストアのみで、今年の秋頃神楽坂にリアルショップをオープンするんですよね。
お店のオープンまで、浴衣はリアルショップでは見られませんか。

大山:本格オープンに先駆けて6/28(木)~7/1(日)、7/5(木)~7/8(日)の8日間、RITZ神楽坂にて浴衣展(浴衣販売会)を行います。普段オンラインストアでしか見られない浴衣をお手にとって見ていただける機会なので、是非足をお運びください。


浴衣も見られるんですね!ありがとうございました。




 
トップへ戻る