久米島紬の帯 創りました!

2018年3月1日、久米島の工房真風南(まふえ)にて、初の久米島紬帯作品コンクールが開催されました。本文は、コンクール授賞式の様子と、式後に行われた久米島紬保持団体会長 山城氏と一般財団法人きものの森理事長 矢嶋(弊社会長)の対談を逐語訳、編集したものです。

 
司会:本コンクールの審査形式ですが、公平を期すため作品の制作者名や柄・染めの説明を全て伏せた状態で、各審査員の持ち点による投票を行い、厳正な審査の下に各賞を決定いたしました。受賞者の方は賞状授与の際に是非一言お話しください。その後、矢嶋理事長に講評を頂きたいと思います。 まず始めに、久米島紬帯作品コンクール 最優秀賞。

矢嶋:賞状、最優秀作品賞、平良美智子殿。貴女は久米島紬帯作品コンクールにおいて、素晴らしい作品を制作されましたのでこれを賞します。平成30年3月1日、一般財団法人きものの森理事長 矢嶋孝敏、沖縄つくりべの会会長 花城武。

 

平良:ありがとうございます。私の作品は、久米島らしさを出すため主に泥染めを使っています。自分が着たいと思う帯を作る、という想いでデザインしてみました。

矢嶋:白を上手く効かせながら泥染めとグールの同系色でまとめていて、これぞ久米島の本流という帯ですね。何故かと言えば、泥染めができるのは世界中でここ久米島と奄美だけだからです。
  しかも久米島の泥染めはグールと泥、奄美はシャリンバイと泥で、同じ泥染めでも異なります。グールと泥の紬は、久米島にいる皆さんにしか作れません。まずグールが自生していませんし、泥も久米島と奄美大島のものだけが使えます。
  学者の調査によると、石油と同じくらい古いおよそ50万年前の地層が久米島と奄美大島だけにあり、それが空気と酸化して化学反応を起こし泥染めを可能にするそうです。泥染めは確かに大変な作業だと思いますが、久米島という地球上でも貴重な環境がある土地だからこそできることを忘れないでください。

  平良さんの作品は、今までの1色の泥ではない多色のグラデーションの美しさや、絣の技術の高さ、デザイン的に優れた白の活かし方、といった点で、最優秀賞に選ばれました。
(注釈:シャリンバイ(車輪梅)は一般的な名称ですが、沖縄ではテカチ、奄美ではテーチ木と呼ばれます。)

矢嶋:優秀作品賞、塩田史麻さん。
塩田:たくさん数を織ってきた中で、自分が一番好きな帯が選ばれたのが嬉しいです。組織織りが好きでこれからやってみたい組織がたくさんあるので、勉強しながらどんどん良いものが作れたらなと思います。

矢嶋:この帯に使われている琉球藍とフクギも、沖縄を代表する草木染の染料です。皆さんにとってフクギは当たり前に生えているものかもしれませんが、本州には無いんですよ。フクギの黄色は他の草木では出せません。織りに関しては、ぼかし方が場所によって違っていて、ともかくいろんなことをやってみたい、自分の持っている技術をたくさん出したい、という想いで試行錯誤しながら織られたのだなと感じました。

 

矢嶋:優秀作品賞、城崎暁葉さん。

城崎:自分としてはある意味染めを失敗した作品でして(笑)。というのも本当はグールで赤い色を出したかったのですが、上手くいかなかったので「じゃあシックなものを作ろう」と方向転換して頑張りました。

矢嶋:グールと泥を基本にフクギやゲットウも使って色の幅を出していて、かつ全体がシックに上手くまとまっています。ベージュやピンク系のきものに合わせやすそうですね。もちろん織りの技術も高く、比較的薄い色の所で織りをはっきりと出しているのは上手く考えられているなと思います。

 

矢嶋:デザイン賞、米須ひとみさん。

米須:この柄は平良美智子さんに教えてもらいながら織ったもので、色も塩田さんや皆さんにアドバイスいただきながら決めました。今日からまた頑張ります。

矢嶋:真ん中にフクギの黄色、その両側にグール、クワディーサーのグレー、間には白というバランスが上手いですね。3~4色使う時にはそれらが喧嘩しないようにどう配色するかがポイントです。最優秀作品でも白が活きていると評しましたが、色同士が喧嘩せず全体の調和がとれていたのでデザイン賞に選びました。

 

矢嶋:デザイン賞、佐久本厚子さん。

佐久本:織っている時は夢中なのですが、いざ織りあがってみると「何でここにこれを入れたかな」と思う部分(帯のタレ先の部分の横段)もあるので、そこは今後の課題かなと。私は基本的に市松っぽい柄が好きで、織りを変えて組織織りをしました。

矢嶋:久米島紬で市松柄を作るという発想はとても良いです。市松というとヴィトンのダミエ柄を連想する方もいるかもしれませんが、市松はその80年以上前の江戸時代中期に生まれた柄で、歌舞伎役者の佐野川市松が市松模様の袴を用いたことから広まったと言われています。そういう江戸の粋な柄を、白地に琉球藍という非常にモダンな感覚で表現している。さらに白場と藍と下の綾織りの地紋の出方が全く違って見える不思議な効果があって、久米島紬でこのような江戸のセンスを見られるとは予想していませんでした。デザインとしてとても優れていると思います。

 

矢嶋:染色賞、真喜志時子さん。

真喜志:最初は織れるかどうか不安だったのですが、皆さんの助けや指導を得ながらどうにか織り上げました。ありがとうございました。

矢嶋:藍とフクギ、そしてそれを掛け合わせた緑、白の4色が上手く織られていて、白場がうまく活きています。この白が無いと喧嘩してしまいますから。白があることでグラデーションがバランスよくとれている。それも全部ではなく一部だけをグラデーションにしていて、色の使い方が上手いなと。料理で言えば、いろんなものを入れてお鍋を作ると何の味がわからなくなってしまいますが、そうならない所できちっと止めているのがとても美しいと思い、染色賞としました。

 

矢嶋:技術賞、佐久本厚子さん。

佐久本:この帯は1つ目にできた作品で、やっぱり出来上がりを後から見ると「ああすればよかった」と思う所があるので、これから精進します。ありがとうございました。

矢嶋:フクギの黄色とグールの茶色の2色だけでシンプルにして、絣の美しさを強調できている点が良いですね。少し勿体なかったのは、柄がちょっと多かったかなと。もう少し柄を抜いて間隔を開けた方が良いと思います。不思議なことに柄がある所よりも、黄色い無地場の地模様の方がとても立って見えるんですね。それは帯としてはとても重要ですので、技術賞に選びました。

 

矢嶋:技術賞、平良美智子さん。

平良:最初の頃の作品で、緑の糸が少しずつしか無かったので、織り段で調整して5色の緑の変化を活かしてみました。残り物の色で作ったのでまさか選ばれるとは思っていませんでしたが、ありがとうございます。

矢嶋:モノを最後まで使い切ることは、実は非常に大事です。特に皆さんの使う草木染めの糸には、草木の命が宿っています。言い方を変えれば、草木は自分の命の代わりにその糸を染めてくれているわけですから、それを最後の1本まできちんと使うことはとても大切なことです。また、これだけの色を使いながらも見事に収めたなと思います。
  実は20年ほど前まで、緑という色は草木の天然染料では絶対に出せないと言われていました。それが沖縄に自生するフクギと藍を掛け合わせることによって緑が出せるようになったんです。

都会の人はこの緑に、サトウキビのウージの畑を感じます。緑のグラデーションも素晴らしいので染色賞と迷ったのですが、様々な点で草木染め・手織りの技術と想いが込められた作品だと思い、技術賞としました。

矢嶋:奨励賞、上原明美さん。

上原:道具を扱うのも初めてでしたが、皆の力を得て完成できました。ありがとうございました。

矢嶋:藍とフクギ、その掛け合わせた緑を使っていて、私は久米島の海と空、ウージの畑、そしてそこに流れる光を表現していると解釈しています。都会の人間からすれば、これらの色に久米島の自然を感じるんです。色使いだけではなく織りもしっかりとしていて、今後により期待して奨励賞としました。

 

矢嶋:奨励賞、宇江城美津枝さん。

宇江城:こちらは初めて織った帯で、とても楽しく織ることができました。また頑張ります。

矢嶋:色の幅と地色を上手く活かしています。黄色からベージュ、薄茶系までの色のハーモニーが綺麗ですね。無理がなく収まりがあるので、とても合わせやすい。帯として非常に汎用性が高く、いろんなきものにしっくりと馴染む帯だと思います。


矢嶋:それでは総評をさせていただきます。改めまして、きものやまと会長の矢嶋です。やまとは去年で創業100年を迎え、現在全国に120店舗を展開しています。その他に私は一般財団法人きものの森財団の理事長、NPO法人全国つくりべの会の最高顧問も務めています。

全国つくりべの会は北から米沢、小千谷、十日町、桐生、結城、東京、浜松、加賀、丹後、西陣、京友禅、博多、久留米、鹿児島、奄美、そして沖縄と、全国16産地、224名のつくり手が参加する組織で、後継経営者と後継技術者の育成を始めとして、産地のモノづくりを支援してきました。
  さて、昨日の審査で皆さんの作品を拝見した時、3年というわずかな期間にここまで素晴らしい色と織りの組み合わせを出せるようになったことに、大変敬服いたしました。今までの久米島の伝統的な泥染めやグール染めの技法を基本にしながらも、新しい技術や色の組み合わせを強く感じています。


  皆さんご存知の通り久米島は最古の紬で、久米島紬が奄美大島にわたり大島紬が生まれたと言われています。つまり日本の紬の原点が久米島紬であり、その帯を皆さんが織るということは、1人でも多くの方に久米島紬を知ってもらうことにおいて大きく意味を持ちます。どういうことかと言うと、きものは織るのにも時間がかかるので当然値段も高くなりますが、それに比べると比較的織りやすく、それゆえ帯は買いやすい値段ですよね。都会の20代後半から30代の人でも、今回皆さんが作られた帯を頑張れば買うことができる。つまり今までは久米島紬に手が出なかった若い人にとって、皆さんの帯が久米島紬の織物を身に付ける1つの入口になる、ということです。

  次に、帯を作る時に押さえるべきポイントについて。もちろんきものと帯の両方とも大事なのですが、基本的にはきものに合わせる帯を探すというスタンスが多いです。それを踏まえると、帯には2つの系統が考えられます。1つは同色系できものと喧嘩しない、シンプルで何にでも合わせやすい帯。もう1つは逆に、無地感のきものにアクセントとして合わせる多色使いの派手目な帯です。どちらかが良いのではなく、両方とも必要だと思ってください。今 比嘉さんの着ている久米島紬も、同色のシックなコーディネートですよね。ハーモニー配色という、調和のとれた合わせ方です。また、きものにも帯にも多く柄が入っていると、両者が喧嘩してしまうんですね。たくさん柄が入っていれば良いものでもなく、一般的にはシンプルな方が合わせやすく汎用性が高くなります。きものを引き立てるシンプルな帯があること、一方できもの1枚に帯3本と言われるように、帯を変えることできものの表情を変える、コーディネートの顔となる帯もあることを押さえておいてください。

  最後に、皆さんの帯を最も買っていただけるのは、おそらく圧倒的に東京近辺に住まわれている方々です。東京の女性たちは、毎日仕事や家事のストレスを抱えながら暮らしています。そんな彼女たちにとって皆さんが作っている久米島紬は、きものに締める時に限らず箪笥から出して見ているだけで心を癒してくれるんです。草木染めで手織りという、都会には無い手づくりの帯から癒しやパワーを貰うわけですよ。もう1回頑張ろう、大げさに言えば、また生きていこうと思わせてくれるような力が、この草木染めと手織りにはあります。皆さんの作品からも強く感じました。これからも久米島にしかできないモノづくりを、草木染めと手織りを、自信を持って続けてください。私どもは皆さんの作品を一生懸命売らせていただきます。(以上)