「職人が語る、大島紬の奥深い世界」1

 

きもの好きなら誰もが憧れる、大島紬。ほぼすべての工程が手作業でなされ、世界一精緻な織物は完成します。そんな大島紬の奥深い世界を、本場大島紬織元・仙太織物社長 仙太史博氏にお話しいただきました。(本文は2014年11月に早稲田大学で行われた講義を逐語訳、再編したものです。)

 
本場大島紬の織元の仙太と申します。ご縁をいただき壇上に立たせていただいておりますが、私は学者でも研究者でもありませんので、あくまで大島紬を扱う立場の作り手として、経験に基づいた話をしたいと思います。皆様は今、大島紬には縁遠いと思いますが、いつかその素晴らしさを分かってもらえたら嬉しいです。

日本ではきものを明治になるまで日常的に着ていましたが、その布は各地域で織物として作られていました。きものは、製法から「染め」と「織」、ドレスコードから「フォーマル」と「カジュアル」に分けられますが、大島紬は「織」の「カジュアル」のきものに分類される普段着です。これに対して、振袖や結婚式で着る留袖があり、これらはいずれも「染め」の「フォーマル」きものです。大島紬は普段着としてカジュアルに着るものですから、自分の日常に潤いを与えるためのものであると私は思っています。



大島紬とは

作業をする仙太史博さん
作業をする仙太史博さん
  大島紬の「大島」は土地の名前から来ています。関東で言えば伊豆大島が頭に浮かびますが、鹿児島県の屋久島よりさらに南にある南西諸島の奄美大島のことです。鹿児島から船で行くと丸半日かかります。大島紬は現在、この奄美大島を含む南西諸島と鹿児島で作られています。
染めのきものでは、白生地の上に直接染料で手描きをしたり、型紙を使用したりして柄を表現しますが、大島紬のような織のきものでは、まず糸を染め、それを経糸・緯糸として織り上げることにより柄を完成させます。

先に糸を染めてから織るため、織のきもののことを先染(さきぞめ)のきものとも言うんです。織のきものの柄の付け方として代表的な「絣(かすり)」がありますが、これは図案に従って一本の糸を染める部分と染めない部分を分けて染め、それを図案通りの柄になるように織っていくものです。例えば白いハンカチの絞り染めを思い浮かべていただくと分かりやすいかもしれませんね。糸や輪ゴム等で縛ってから染料に浸け、後で糸や輪ゴムを除くと白い部分で柄ができるというものです。これが基本的な絣の原理です。

  極端な話ですが、大島紬は20代から80代まで同じものが着られます。技法も代表的な柄も長い伝統のあるものですから流行り廃りがありませんし、コーディネートの帯や小物を変えるだけで年代に合った装いができます。また、きものですからよほど体型が変わらない限り着続けることができるのです。
  皆様のお婆さまやお爺さまの大島紬が箪笥の中にあるかも知れません。多少の寸法違いであればそのまま着られますし、きものは仕立て直しも出来るので、実際に着ていただければ、驚くほどの軽さやしなやかな肌触りなど、その着やすさもお分かりいただけると思います。


大島紬の製造工程

   大島紬には大まかな工程が16あり、細かい工程も合わせると48あります。
①企画・プランニング
②デザイン原画
③絣設計図案
④整経
⑤糊張り
⑥絣締め
⑦染色

デザイン図案
デザイン図案
染織(泥染)
染織(泥染)
絣締め
絣締め

⑧絣部分解き
⑨すり込染
⑩絣全解
⑪番組
⑫仕上げ糊張り
⑬絣疋分け
⑭絣板巻き
⑮織り
⑯製品検査

絣部分解き
絣部分解き
絣板巻き
絣板巻き
絣部分解き
製品検査
絣板巻き
製品検査

 

   これだけの多くの工程を経て、「世界一精緻な織物」と言われる大島紬が完成します。すべての工程はそれぞれ熟練した職人たちの技による分業でなされており、一工程でもミスが出れば完成品はできません。チームワークと信頼が非常に重要なのです。

  また、最初の図案段階の織物設計図の製作と糸巻に使う機械以の外全ての工程が、手仕事で行われています。絣の細かい物を織り上げることは、人間の手だから出来ることであって、そこまで出来る機械はありません。また、使用している絹糸が天然素材ですから、温度や湿度の変化による微妙な取り扱いの調整は機械では判断できず、職人の経験に頼るしかありません。人間の能力に勝る機械はないのです。