この季節、街を歩くと袴姿の女の子をちらほら見かけ

なんだかこちらまで浮足立つような気持ちになります。

 

入学・卒業シーズンの春は

普段きものを着ない方でも袖を通す機会が多いのではないでしょうか。

 

やまとでは、ワンコインで着付のレッスンが受けられる

「着付倶楽部」を全店で実施しています。

せっかくだから、自分できものを着て

お子様の入卒式に参加したい!という方も多いはず。

 

やまとの着付倶楽部なら、1回500円のワンコイン、

全4回のレッスンで自分できものが着られるように!

もちろん、その後の帯だけの復習や、

ポイントレッスンも何度でも受講いただけます。

詳細はこちらから ≫http://www.kimono-yamato.co.jp/enjoy/kitsuke_club

 

ぜひお近くの店舗までお気軽にお問い合わせください(*^_^*)

 

 

また、ひととおり着付の手順は覚えた!のに

なぜか着姿が決まらない・・・という方は

KIMONOライブラリーVol.23「簡単キレイ 着付のポイント」をご覧ください!

 

お悩みが多い「衿」「おはしょり」「裾」「帯揚げ」の4ポイントをおさえるだけで

いつもの着姿が見違えるはずです。

こんなにキレイに見えますよ!

 

 

 

そして、入学式・卒業式にぴったりなきものの選び方も、

過去のブログでご紹介しています(^^)/

併せてご覧ください。

「入卒にぴったり!付下コーデ」

 

 

一生に数限りある、入学式、卒業式。

大人になるとだんだん節目がなくなって、気づけば1年あっという間ですが

大切なお子様の節目の日には、特別な気持ちと装いで臨みたいでものです。

 

頑張ったお母さんの一つの区切り、ご自分にもお祝いの気持ちを込めて

ぜひきものを着てみてください。

 

 

石垣の暮らしと手仕事

| お知らせ |

本日、KIMONOライブラリーVol.26

“石垣の暮らしと手仕事”を公開しました!

 

 

優しい色のこちらの帯たち

全て天然の草木で染め、手で織られた「ミンサー帯」です。

 

遠い南の島、石垣で

今も脈々と続く、手織りと草木染め。

 

それは独自の文化であり、自然の力であり、

地域の力でもあります。

 

手仕事を通して伝承されるそれらは、

私たちに新しい仕事と暮らしのあり方を教えてくれます。

ワークライフバランス、なんて言葉がささやかれて久しいですが

暮らしと仕事が一体化している、そんな生き方も素敵かもしれません。

 

本文は、2018年3月4日に開催された

「石垣みらいカレッジ 修了文化祭」の公開講座を逐語訳、編集したものです。

 

手織りや草木染めのすばらしさはもちろん、

少し立ち止まって、毎日の忙しない生活を見つめ直すことができるかもしれません。

以下URLよりぜひご覧ください。

http://www.kimono-yamato.co.jp/culture/L/vol26-1

 

ようやく寒い冬が終わり、

ぽかぽか陽気がうれしい季節です。

 

あたたかい陽射しに誘われて、

きものでおでかけはいかがでしょうか??

 

本日、やまとHPでは「きもので春のおでかけ」特設ページを公開しました!

http://www.kimono-yamato.co.jp/springsampo

 

雑貨屋さんめぐりから、邸宅レストランでおすましランチ、憧れの寄席まで

「きものでどこに行こう!?」とウキウキしてしまうはず。

 

 

お気に入りのお店でショッピングをしたり

 

 

お散歩道で見つけた春の花に思わず見とれたり…

 

心も装いも軽やかに、ぜひ春のおでかけをきもので楽しんでください♪

 

 

2月もあと2日。

あっという間に春の陽気ですね。

 

2/21~23の3日間、きものやまと本社プレスルームで

プレス関係者様向けの新作ゆかた・夏きものコレクション内覧会を開催しました!

 

今年も実に100柄の新作が揃い、

関係者様からもとても好評でしたので

その様子を少しだけご紹介します♪

 

新作ゆかたがずらり!圧巻です!

 

 

 

 

バッグや下駄、装履、髪飾りもバラエティー豊富にご用意しました。

コーディネートが楽しくなりそうです(*^_^*)

 

おみやげに、すずちゃんとおそろいのかわいいクッキーを。

 

期中はとても寒く、雪のちらつく日もあったのですが

来場されたみなさま「夏が来たみたいでわくわくしますね!」と

楽しんでくださいました。

 

今年もたくさんの方にゆかたを着ていただけたら嬉しいです。

 

 

店頭には4/1より順次並んでまいります。

ぜひ楽しみにお待ちください。

 

みなさまこんにちは!

 

本日、洗えるきもの春物新作コレクションを公開いたしました。

http://www.kimono-yamato.co.jp/top/style/2018spring/index.html

 

 

そろそろ冬物にも飽きて

早くさわやかな春物を着たくなってきませんか・・・?

 

軽やかにまとえる単衣のきものがデビューです♪

羽織や、大人気の超撥水コートもご一緒に。

 

ぜひご覧ください(*^_^*)

本日、KIMONOライブラリーVol.25“きものお手入れの裏側”を公開いたしました。

 

みなさま、きものを着たあとのお手入れはどうされていますか?

 

買ったお店に持って行ったり

近くのクリーニング店に預けたり

ケアだけお願いしている呉服屋さんがあったり。

 

そもそも、きもののお手入れってどのような加工がされているのでしょう?

 

お洋服のクリーニング以上に謎の多い

きもののお手入れの裏側について、

浜松のケア加工専門業者 さかたや様に徹底取材!

 

 

驚いたのはその手作業の多さ。

きものならではの繊細さゆえに、ほとんど機械化されず

大事な部分はすべて人の手でなされていました。

 

 

細かい工程はもちろん、

社長が「いつも社員に伝えていること」など

普段聞くことができないお話をたっぷり聞くことができました。

 

職人たちの姿が見えると、

一層安心してきものをお預けいただけると思います。

 

ぜひ、以下のURLよりご覧ください。

http://www.kimono-yamato.co.jp/culture/L/vol25

 

 

みなさま、こんにちは。

 

関東は暖かい日が続いて、春の気配を感じるような陽気ですね(^^)

 

 

実はやまとでは、もう今年の新作ゆかたが続々と出来上がっています!

 

今年も、どれにするか決められないくらい

素敵なゆかたが沢山です。

盛りだくさんの新作の中から、ちょっとだけお見せします…♪

 

正統派で涼しげなゆかたから

 

 

周りと差のつく個性的なゆかたまで…

 

ほんの一部ですが、まだまだたくさんご用意しています。

絶対にお気に入りが見つかるはず!

今から夏が楽しみです。

 

 

1月には、モデルさんと新作ゆかたの撮影がありました。

「ここだけ夏が来たみたい!!」とスタッフ一同大興奮でした!

 

撮影のオフショットもばっちり押さえましたので

また後日お伝えいたします♪

ぜひ楽しみにお待ちください(*^_^*)

 

 

 

 

じゃらんニュース様で公開中の、きもの特集の記事で

プレスの青木がきものにまつわるお話をさせていただきました♪

https://www.jalan.net/news/article/219555/

 

成人式以来、きものに袖を通していないという方も多いのではないでしょうか?

 

着付けも2人がかりだったし、レンタルだけで何十万円もしたし、

きものってやっぱり大変そう・・・

 

と思っているみなさまの

きもののハードルが下がるような内容になっています!

 

初心者の方にもわかりやすく書いていただいていますので

ぜひご覧ください(^^)

 

紹介されているサービス等の詳細はこちらからもご覧いただけます♪

クイックきもの、ワンタッチ帯

着付のポイント

きものの所作

え・き・レン

 

東京は48年ぶりの低気温だとか・・・!

先日の大雪といい、寒い日が続きます。

 

そんなときにはお洋服にも使えちゃう

ふわっふわのファー小物はいかがでしょうか?

 

【レッキスカラーL ¥4,900(+税)】

こちらはレッキスラビットのファーマフラー。

ウサギの中でも最上級と言われるレッキスラビットのファーは、

光沢があり、肌触りがとってもやわらかくフワフワなのが特徴です。

 

首元をしっかり覆ってくれるので、

衿元を抜くきものにぴったりのアイテム。

コンパクトなのでお洋服のコートとの相性も◎です!

 

【レッキスストール ¥9,900(+税)】

こちらも同じくレッキスラビットファーを使用したストールです。

贅沢に使ったファーは、保温性が高く

肩周りから身体を温めてくれます。

シンプルで上品なデザインなので、

年代・きものの色柄問わずお召しいただけます!

 

こちらの商品は全国のやまと・なでしこの全店で

お取扱いしております!

 

寒い冬でもあったか小物を上手に取り入れて

冬のきものもぜひ楽しんでください(*^_^*)

 

変わりゆくきもの市場

| お知らせ |

本日、KIMONOライブラリーVol.24

-変わりゆくきもの市場-」を公開いたしました。

 

最盛期の6分の1まで縮小し、衰退市場と言われて久しいきもの市場。

 

果たして本当に衰退市場なのでしょうか?

 

 

みんなが日常着としてきものを着ていた時代から

フォーマルの場にターゲットを絞り、敷居をあげることで

「きものって難しい」というイメージが定着していきました。

 

でも、最近「きものをお洒落に着る」という方たちが

また増えてきている気がしませんか?

 

 

ゆかたは夏のお祭りの定番になりましたし、

「ゆかたディズニー」なんかも流行りましたよね。

 

きものも若い方向けの新しいブランドが多数生まれ、

やまとでも「KIMONO by NADESHIKO」では20~30代のお客様がほとんどです。

店頭にならぶお洋服用につくられた雑貨をきものと上手に組み合わせて、

オリジナルのコーディネートで楽しんでくださっています。

 

 

「きものって難しい」「着て行く機会がない」というイメージが少しずつ

「きものって楽しい」「お洒落だから着たい」と変わっていっているのを感じます。

 

 

今回のKIMONOライブラリーは、立命館大学経営学部の吉田満梨准教授が

早稲田大学「きもの学」で講義された内容を逐語訳、再編したものです。

 

吉田先生自身、きものが好きな30代の女性で

お茶用のきものを誂えたことからきものにハマり

ついに研究対象にしてしまったとか。(!)

 

そんなきものファン、きものユーザーの吉田先生が

 

「きものは衰退市場なんかではない。

楽しくってお洒落で、そう思っている人はたくさんいる。

発展市場なんです!」

 

と、マーケティングの視点からきもの市場についてお話しされています。

 

 

マーケティング的観点で語られていますので

少しだけ難しいですが、読み応えたっぷり。

(なんだか頭がよくなった気がします!)

 

 

 

以下URLからご覧いただけます。

ぜひ読んでみて下さい。

http://www.kimono-yamato.co.jp/vol24-1