» メディア情報のブログ記事

2019年1月の半ばに開催されたメンズファッション世界最大のプレタポルテ見本市「PITTI IMMAGINE UOMO(ピッティ・イマージネ・ウォモ) 95」(以下、「PITTI UOMO」)に出展したY. & SONS。
各国の様々なメディアで注目を集め、多くのファッション誌、カルチャー誌でご紹介いただきました。
今回は、イタリアのウェブマガジン「The Dammy’s Tales」に掲載いただいた記事をご紹介させていただきます。

「The Dammy’s Tales」は、イタリア人ファッションライターのフランチェスカさんが運営するWEBマガジン。ファッションに関する感度の高い記事と美しい写真で人気を集めています。
フランチェスカさん自身が「PITTI UOMO」にてY. & SONSのブースへ来訪いただき、記事を制作、掲載いただきました。

 

画像出典:Y. & SONS, BESPOKE TAILORING / The Dummy’s Tales

 

原文ではイタリア語の記事を、こちらへ日本語に意訳したものを掲載させていただきます。
ぜひご一読ください!

日本語役(意訳)

先日、PITTI UOMO は私に日本のブランドY. & SONS との出会いを運んできました。
このブランドは、ビスポークのクリエイションを現代のファッションの理念に導くというイノベーションが知られるビスポークデザイナー T-MICHAEL の手掛ける“5CURATORS/ONE SPACE”にて紹介されました。

フランチェスカ:このブランドを設立するにあたって、誰がブランドのクリエイティブマインドの軸となったのですか?

Y. & SONS:私たちのプロジェクトリーダーは株式会社やまとの矢嶋孝行です。
やまとは伝統的なきものの企業で、孝行氏の曽祖父によって1917 年に設立されました。そこに各分野からコンサルタントが加わり、2015 年に新レーベルY. & SONS を始動することにしました。
アートディレクター として携わる平林奈緒美氏は、ブランドアイデンティティをビジュアルデザインを駆使して強化しました。二村毅氏はトヨタや日産、N.ハリウッドといったクライアントを抱えるような人で私たちのスタイリストでありバイイングのヘッドでもあります。

フランチェスカ:このプロジェクトは全体として日本人男性を「きものを着ることによって格好よくする」というコンセプトに基づいていますが、どうやって伝統的な日本の衣服をここまでコンセプトに忠実に変容させたのでしょうか?

Y. & SONS:基本的に我々のきもののスタイルは、1917 年に創業したやまととの関係上、伝統的です。未来を生きる世代を念頭に置いた上で、私たちの目的は「私たちの製品をハイレベルなクラフツマンシップを維持しながらも絶えず現代的にしていくこと」です。
これが矢嶋孝行がY. & SONS を始動した理由であり、すなわちきものを着て人々を格好いい心持ちにすることです。それができるように、スタイリングの幅を広く設定し、現代人のライフスタイルにおける西洋的な要素にも違和感がないようにしました。
結果として私たちは、伝統的な衣服で新たなステージを生み出し、ファション産業から賞賛を得ることに成功しました。また敢えて「未知なるきもの体験」を提供することで、私たち自身を他と区別し、特別感を創出しました。

フランチェスカ:私がコレクションを見た時にすぐ、きもののユニークな柄や色合いが、ハットやシューズ、バッグなどの西洋的なアクセサリーに違和感なく馴染んでいると感じました。このように日々の装いに細部にまでしたためられた驚き・ときめきが、「現代における装い」を新たに定義づけることができると言えるでしょう。
それはどんな風に導かれた現象なのでしょうか?

Y. & SONS:きものとは、伝統的なものですが、別の領域や文化の要素を掛け合わせることもできます。
このようなダイバーシティこそが、刺激や豊かさとして「ファッション」を構成していきます。我々のビジョンをシェアするということは、その人の性質・らしさを服に当てはめ、本来理想とする世界観を意識的に具現化することです。ということは、紛れもなく、あなたがきものを着たときに人々はあなたに注目するでしょう。

フランチェスカ:生地から見受けられる控えめな贅沢が、強く印象に残りました。このようなあなたたちのビスポークテーラリングのきものを着る理想的な人とは現代においてどんな人でしょうか?

Y. & SONS:我々は確実に人々の中に「潜在的にきものを着たいという欲」が存在していると信じています。
それは広く多方面に渡って昇華することができ、どんな着こなしでも伝統的で趣のあるモダンさで以って着られることでしょう。
すると、あなたはあなた自身を具現化していくと同時に、日本らしさや歴史と文化に対するリスペクト、そしてあなたにとっての「服」という存在がこうして変容していくことを愛でることができるでしょう。

フランチェスカ:ところで家紋についてお聞きします。山と鷹という2 つの意味のある家紋ですが、少し詳しく教えてください。

Y. & SONS:我々は山の上を飛ぶ鷹のように、お客様とともに成長していきたいと思っています。
そのため2 つのシンボルを合わせて1 つの家紋としています。鷹は2 つの羽根で、山は「山」というオリエンタルなアルファベット(漢字)によって表現されています。

フランチェスカ:次なるプロジェクトはあるのでしょうか?日本のきもの文化の価値を伝えるためにどんなステップを経ていこうとしているのでしょうか?

Y. & SONS:まず使命である、きものを1 衣服として日常生活に溶け込ませ、ワードローブの中核とするということが基本となります。
しかしそれ以外にも、日本全国の職人たちの生産現場とのネットワークを活かし、きもののエッセンスを慣習に捉われずに拡散することができます。
例えばPITTI で発表したきもの生地で作ったハットの小規模コレクションや、これからプロデュースするきもの生地のシャツの製作もそうです。
私たちは人々がこれらのユニークなやり方によって、きものの世界にインスパイアされることを願っています。


PITTI IMMAGINE UOMO 95 公式サイト: THE TRADESHOW

Y. & SONSは、「PITTI IMMAGINE UOMO(ピッティ・イマージネ・ウォモ) 95」に出展いたしました。
「PITTI IMMAGINE UOMO」は、イタリア・フィレンツェで年2回、1月と6月に開催されるメンズ世界最大のプレタポルテ見本市です。今期は、2019年1月11日(金)〜14日(月)の日程で行われました。

地元メディアはもちろん、各国の様々なメディアの注目を集め、「VOGUE」や「GQ」「Esquire」をはじめとしたファッション・カルチャー誌の他、スイスの金融企業「Grobal Blue」、ストックフォトサイト「Getty Images」など、多くの媒体で紹介されました。
こちらでは会場でのいくつかのスナップをご紹介いたします。


PITTI IMMAGINE UOMO 95 公式サイト: PITTI PEOPLE

PITTI UOMOへのブース出展は2018年1月から数え今回で3回目。
ブースでは、ノルウェーブランド「ノルウェージャンレイン(Norwegian Rain)」のデザイナーであるT-Michael(T-マイケル)氏とY.&SONSとのコラボレーションによって誕生した「T-KIMONO」を中心にご紹介。前回を上回るより多くの方から反響をいただきました。


Esquire: The Best Street Style From Pitti Uomo

「着物の形はあらゆる衣服文化に通じる」と語るT-Michael氏。
氏のデザインしたファブリックを使い、しっかりとした縫製で仕立てた「T-KIMONO」は、手持ちの洋服や小物との合わせやすく、デイリーに着ていただける新しい時代のきものです。
伝統と革新、そのどちらの魅力も併せ持つ「T-KIMONO」を、ぜひY. & SONSのお店でお手にとってご覧ください。

Y. & SONSが展開するオンラインショップ「BASE」内のショッピングメディア『BASE Mag.』にて、
Y. & SONSに関するインタビュー記事が掲載されました。

ブランド背景や立ち上げ時の話、こだわりやブランドの今・これからがわかる内容となっています。

是非ご覧ください。





2018/08/24「日常着としての和装を。現代のスタイリングで提案する着物ブランド・Y. & SONS」

レオパレスの新CMにて、広瀬すずさんにやまとのゆかたをご着用いただきました。

白地に赤の2色使い、更にゆかたには珍しい瓢箪柄で「大人かわいい」雰囲気がポイントのゆかたです。

お店のスタッフも、広瀬すずさんがCMで着ているゆかたがかわいい!とのお声をお客様より頂戴しました。

機会がありましたら是非、店頭で実物をご覧ください!やまとの店舗一覧はこちらです

(店舗によって、一部取り扱いの無い場合も御座います。ご了承ください)

じゃらんニュース様で公開中の、きもの特集の記事で

プレスの青木がきものにまつわるお話をさせていただきました♪

https://www.jalan.net/news/article/219555/

 

成人式以来、きものに袖を通していないという方も多いのではないでしょうか?

 

着付けも2人がかりだったし、レンタルだけで何十万円もしたし、

きものってやっぱり大変そう・・・

 

と思っているみなさまの

きもののハードルが下がるような内容になっています!

 

初心者の方にもわかりやすく書いていただいていますので

ぜひご覧ください(^^)

 

紹介されているサービス等の詳細はこちらからもご覧いただけます♪

クイックきもの、ワンタッチ帯

着付のポイント

きものの所作

え・き・レン

 

今年も、やまとのゆかたを多数メディアでご使用いただいています(^^)/

 

発売中のものをご紹介いたしますので

ぜひ書店にてご覧ください!

 

 

★「SWITCH」8月号(7/21発売)

 

メイン特集「ヒロインに恋して」で

広瀬すずさんにやまとの絞りゆかた「夏花」をご着用いただきました。
 

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で

ヒロインのなずなを演じた広瀬さん。

 

ゆかたを着て大きなトランクを持つ広瀬さんは

まさになずなそのもの・・・

 

ページ数も大ボリュームで、写真集を見ているかのようです。

 

こちらでオフショットが掲載されています♪

https://twitter.com/uchiage_movie/status/887883621201199105

 

 

 

★「LARME」29号(7/17発売)

 

ゆかた特集に、やまとのJtrad注染「散歩道」と

KIMONO by NADESHIKOの「サマーアクアリウム」が掲載されました。

 

 

「散歩道」はモデルさんにご着用いただいているのですが、

「こんなコーディネートもあるのか!可愛い!」と大好評でした。

 

ゆかたは自由度が高い分、普段は挑戦できない

個性的なスタイリングも楽しめます。

 

ぜひ誌面を参考に、

今年の夏のゆかたスタイルを楽しんでください!

 

 

5/12発売の雑誌「vikka」6月号

きものやまと、KIMONO by NADESHIKO、THE YARD、DOUBLE MAISONで

ゆかたときもの特集を組んでいただきました!

 

 

モデルの満島みなみさんにとっても素敵に着ていただいています。

 

 

 

 

 

ゆかた・夏きものだけでなく

礼装のコーディネートページまで盛りだくさんです♪

 

 

夏に和装をさらりと着るのって、

なんだかひとつ大人になった気分になれます。

 

暑いからと肌を露出するのではなく、

襲ねることで涼しげに見せる。

日本ならではのお洒落ですよね。

 

 

特集の中でも特にお気に入りなのがこちらの夏きもののコーディネート。

 

 

縞にドットなんて、暑苦しくならないかしら・・・

と思ったら、意外なほどにマッチ!

 

きものは近江縮で麻100%。

たまに吹く夏の風がひんやり感じられる

天然の涼感素材です。

 

こなれた大人たちが集まる浅草演芸ホールに行くなら

粋な遊び心を忘れない、こんなコーディネートがぴったりですね♪

 

2017年ゆかた・夏きもの新作はこちらから!

http://www.kimono-yamato.co.jp/2017yukata

 

 

 

「vikka」6月号には

こちらで紹介しきれなかったコーディネートもまだまだ掲載されていますので

ぜひ本誌をお手に取ってご覧ください!

 

きっとこの夏、和装に挑戦したくなるはず・・・(*^_^*)

 

みなさま、こんにちは。

 

先週、今週とコーディネートはお休みさせていただきまして。。

Facebookでのいいね!もいつもありがとうございます!

なにかリクエスト等ございましたらコメントもお待ちしております(^^))

 

今日は掲載情報をご紹介します。

 

訪日外国人向けフリーマガジン『GOOD LIKE TRIP』

(ダイヤモンド・ビッグ社発行)にて

なでしこ浅草EKIMISE店のえきレンが紹介されました。

 

 

5,000円(+税)できもの一式レンタルできて、

さらに着たきものは持って帰れちゃう、大好評のえきレン。

「浅草で日本文化体験」特集の「着物」コーナーで紹介されています。

 

 

こちらのフリーマガジンは発行部数11万部、

さらにダウンロード版が約20万部ということで・・・

2020年オリンピックに向けて、日本への注目はどんどん高まっています。

 

きものでおでかけをすると、

いつもは気付かなかった日本の魅力を再発見できるかもしれません。

 

春はきものにぴったりの季節ですので、

ぜひお花見や女子会はえきレンを利用してみてはいかがでしょう?

海外からのお友達と利用しても、とても喜ばれますよ♪

 

 

えきレンの詳細はこちらから。

http://www.kimono-yamato.co.jp/ekiren

(浅草店・金沢百番街店・天王寺店で好評実施中!)

 

 

『GOOD LUCK TRIP』は国内国際空港にて配布しておりますので、

お見かけの際はぜひお手に取ってみて下さい♪

 

昨日、プレス担当の2人で

映画「雪女」の試写会にお邪魔してきました。

 

監督・主演の杉野希妃さんが

記者会見で弊社のきものを着て下さったのがご縁で

お誘いいただいたのです。

 

 

東京国際映画祭でもやまとの辻ヶ花をお召しくださった杉野さん。

 

(その時には山口まゆさんにもやまとの振袖をご着用いただきました!可愛い!)

 

濃地もとてもお似合いでしたが、

淡地を着た姿も本当に上品で

登場した瞬間パッと会場が明るくなったようでした。

 

すてきな着姿を拝見できて、きもの屋冥利に尽きます!

 

 

映画もとても美しいお話で、

「雪女」の世界にトリップしたような・・・

 

忙しい毎日で忘れていた

目に見えないもの、言葉にできないものの

大切さや儚さに気付かされます。

 

 

 

 

会見での青木崇高さんとの掛け合いも楽しませていただきました(^^)

 

 

映画「雪女」は3月4日より

ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマ・ジャック&ベティほか全国順次公開です。

公式サイトは下記からご覧ください。

http://snowwomanfilm.com/

 

ぜひみなさまも、きものを着て

雪女の美しさと怖ろしさにぞくぞくしに行きましょう!

 

発売中の雑誌『美人百花』1月号に掲載の

特集「大人ですもの、召しませお着物!」にて、

アナウンサーの加藤綾子さんに

やまとオリジナル付下訪問着【ソシアル】をご着用頂きました!

 

 

残念ながら紙面はご紹介できませんが…

上品で凛とした雰囲気のソシアル、

加藤綾子さんにとてもよくお似合いです。

 

年始が近づくにつれて、雑誌やTVでは

きもの姿の方が増えてきましたね。

 

目にも華やかでなんだかウキウキします。

 

 

書店にお立ち寄りの際は是非ご覧ください♪

 

今回ご着用頂いたきものと帯はこちらから。

http://www.kimono-yamato.co.jp/top/style/2016aw/2sosir.html