» 2016 » 10月のブログ記事

みなさま、こんにちは。

 

本日から毎週月曜日、

きものコーディネートをご紹介していきます。

帯や小物を変えるだけで

ガラリと雰囲気が変わりますので

ぜひみなさま参考にしてみてください!

 

 

第1回目は、上品な色目の御召

フォーマル、カジュアル2パターンをご紹介します。

 

 

まずはフォーマルコーディネート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上品な唐草の袋帯にパールの帯留を合わせました。

色味を同系でそろえると

ぐっときちんと感が出ます。

 

帯揚げに差し色で、

季節を感じるカラーを入れるとよりお洒落。

 

ゴージャスになりすぎないので

ガーデンウェディング等でも

肩肘張らずに着られます。

 

 

お次はカジュアルコーディネート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シックなボタニカル柄の帯に

帯締と帯揚でパンチを効かせたコーディネートに。

 

帯ときものを反対色にすると

よりカジュアルな印象に。

 

帯締、帯揚の色が難しそうですが、

帯揚できものと帯を馴染ませるようにすると

全体がまとまります。

 

その分帯締できりっと引き締めましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ご参考になればうれしいです。

 

こちらの御召のきもののお取扱いについては

お近くの店舗までお問い合わせください。

 

店舗検索はこちらから。

http://kimono-yamato-shop.com/

 

みなさま、こんにちは!

 

もうすぐハロウィン、

何かする予定はありますか??

 

ここ数年で一気に盛り上がっている

ハロウィンシーズン。

経済効果はバレンタインを超えるとか…。

 

せっかくだから楽しみたい!

でも仮装はちょっと…

 

という方でも

きものならちょっとの工夫で

人目を引くハロウィンコーデができちゃいます!

 

今日はスタッフの着姿から

素敵なハロウィンコーディネートをご紹介。

 

 

まずは紫のきものが印象的なこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洋服だと難しい紫のグラデーションも

きものならお洒落に着られます。

 

猫の帯や蝙蝠の帯留が遊び心満載です。

半衿と羽織をレースで合わせて、

妖しさとまとまりを出した素敵なコーディネートです。

 

 

お次は赤と黒でキリリとまとめたこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な魔女をイメージしたというこちらのコーデ、

ハロウィンモチーフは使っていないのに、

色使いで雰囲気を出しているのは流石です!!

 

半衿と帯揚げで差し色を少し入れることで

重くなりすぎないのもポイントです。

 

 

最後はこちらの、もりもりハロウィンコーデ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝙蝠、かぼちゃ、目玉など、モチーフたっぷりで

ハロウィンパーティーにぴったりなコーディネート!

 

それでもうるさく見えないのは、

赤と黒メインで色数を使いすぎていないから。

帯をふんわり可愛く結べば

ハードなイメージも和らぎます。

 

360度スキのないコーデで

目立つこと間違いなしです♪

 

 

いかがでしたでしょうか。

お洋服ではできない、

きものならではのハロウィンコーディネート、

ぜひ楽しんでくださいね★

 

みなさま、こんにちは。

 

やまとホームページWEBライブラリーVol.10にて

“誰も知らない加賀友禅 10の秘密”
を公開しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早稲田大学「きもの学」での講演を終えられた

加賀友禅作家の松島由美様に、

弊社会長の矢嶋が講演では語られることのなかった

加賀友禅の裏話をお伺いしました。

 

 

加賀友禅といえば、

金銀などで華美な装飾をせず、

草木や花のありのままの姿を描くのが特徴です。

 

「虫食い」と呼ばれる、

少し変色した葉をそのまま柄の中に描くのも

加賀友禅ならではです。

 

そんな日本の伝統を

第一線で守り、そして発展させている松島先生の

ものづくりに対する想いや苦労など、

たっぷり語られています。

 

美しいきものの裏側には、数えきれないほどの

手間と優しさと苦労が詰まっていることを

改めて実感しました。

きものは、本当に奥が深いです。

 

以下のURLから、ぜひご覧ください。

http://www.kimono-yamato.co.jp/culture/l/vol10

 

 

みなさま、こんにちは。

 

いつもの着姿をワンランクアップさせてくれる、

「帯を楽しむ便利帖」(ナツメ社)が発売されました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きものに少し慣れた方から、

特にお問い合わせが多いのが帯についてです。

 

このきものには他にどんな帯が合うの?

いつもと違う帯結びを覚えたい!

 

など、「帯はきものの顔」と言われるだけあって、

帯を変えるだけで雰囲気がガラリと変わりますから、

その分こだわりたいですよね。

 

自分でできる帯結びが多数紹介されていますし、

いわゆる“帯結びの本”ではないので、

コーディネートや小物合わせなどもとても充実しています。

 

やまとの商品も、小紋、付下、ゆかた、名古屋帯など

たくさん掲載されていますので、

ぜひお手に取ってご覧ください♪

 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

今日は、10月28日(金)~30日(日)開催の

「きものサローネ in 日本橋」についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年で5回目になるこの企画、

国内最大規模のきものファッション&カルチャーイベントで、

日本橋のCOREDO室町を中心に開催されています。

 

今年は9月と10月の2度に分けての開催となり、

これまで以上に盛りだくさんの内容になりました。

 

10月のテーマは「着物産地展&SHOW」ということで、

日ごろなかなか触れられない日本各地のきもの産地の展示や

メゾンが最新作を発表する圧巻のファッションショー、

毎年好評の100体コーディネートなどが予定されています。

 

すでにきものファンの方も、これから始めたい方も、

きものの魅力をたっぷり体感できること間違いなしです!

 

29日(土)、30日(日)はきものレンタルも実施しています。

 

秋の日本橋をきものの街にしちゃいましょう!

 

 

詳細は以下のURLからご覧くださいませ♪

http://kimono-salone.com/

 

 

みなさま、こんにちは。

 

やまとホームページWEBライブラリーVol.9にて、

“神戸、ファミリア、別品博覧会”を公開しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミリア創業者のひとりである坂野敦子様をヒロインモデルにした

朝の連続テレビ小説の放映開始(10/3~)を前に、

ファミリア社長 岡崎忠彦様と弊社会長 矢嶋が、

神戸の文化、ファミリアと子育て文化論、「神戸別品博覧会」への想いを語りました。

 

 

「べっぴん」というと美人さんを想像してしまいますが、

もともとは「別品」と書くこと、ご存知でしたか?

「特別な品物を誂える」という意味があるそうです。

 

かつては港として複数の文化のるつぼとして栄えた神戸ですが、

その頃の元気を取り戻すために、改めて神戸の魅力を全国発信していこうとする企画が

「神戸別品博覧会」です。

 

博覧会だけでなく、神戸の街や子育てへの考え方など、

文化を作っていこうとする熱い想いが詰まった内容となっております。

 

下記URLより是非ご覧くださいませ。

http://www.kimono-yamato.co.jp/culture/l/vol9

 

 

また、「神戸別品博覧会」は10月5日(水)~2017年5月7日(日)まで、

神戸・三宮ゼロゲートで開催されます。

こちらも是非足を運んでみて下さい。

http://beppin-expo.com/