» 2016 » 9月のブログ記事

みなさま、こんにちは。

 
東京を思わずきもので歩きたくなるムック本が発売されました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
9月15日発売の「TOKYO 着物さんぽ」に

レンタル着物実施店としてなでしこ浅草EKIMISE店が掲載されています。

きものでおでかけ=京都、鎌倉、浅草…

と、なんとなく行先が偏りがちなのですが、

こちらの本にはきもので「ちょっとそこまで」が楽しめる

穴場スポットがたくさん紹介されております。

 

載っているお店がすべて魅力的なので、

全部制覇したくなっちゃいます!

 

きものを着てみたいけれど、

自分で着られないし、持っていないし…、という方には

レンタルは心強い味方ですよね。

 

なでしこ浅草店・金沢店・天王寺店で実施しているえきレンでは、

借りたきものが気に入ったらそのまま持って帰れちゃう、他にはないうれしいサービスも♪

(お持ち帰り頂いたきものは、おうちにあるゆかたの帯などを合わせて別の機会に着られます!)

 
ご興味がある方はぜひ、これを機会にきものデビューしてみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

秋雨が続いて晴れの日が待ち遠しいですね。

 

さて、9月20日発売の「&Premium」11月号にて、

DOUBLE MAISONのきものを6ページにわたって掲載していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマは「着物で語る、大人のファンタジー。」

お洋服と同じ感覚で着られる片貝木綿のきものや、繊細なレースのきものなど、

大人の女性が着たくなるきものがたくさん紹介されています。

 

これまでおきものに興味がなかった方も楽しめるような特集になっております。

掲載面をご紹介したいところですが、是非、書面でご覧ください。

 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

すっかり涼しくなってきましたが、今年はゆかた、着られましたか?

 

忙しくて着られなかった!という方も、もう1回くらい着たいな…という方も、

秋にもゆかたで楽しめるイベントのご紹介です!

 

9月22日(木・祝)~25日(日)の4日間、

上野恩賜公園で「東京江戸ウィーク」が開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年の東京オリンピックに向けて、

日本文化を世界に発信する取組として立ち上げられた企画の、

第一回目のイベントです。

 

「和装で楽しむ世界最大の縁日」と謳われたこの東京江戸ウィーク、

「あきゆかた」での来場を推奨しています。

 

「あきゆかた」とは、ゆかたを夏だけでなく秋にも楽しめるように、

襦袢の代わりに簡易衿をつけたり、足袋と草履をあわせたりして

きもの風にアレンジする着こなしのことです。

 

会場でもゆかたのレンタルを予定しておりますので(やまとも参加します!)

手ぶらでご来場いただいても大丈夫。

 

上野公園の噴水前広場が

まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気になるそうです。

 

和装・食・工芸・芸能の4つのコンテンツで、様々なブースや出店が出る予定。

和食のブースや、日本酒を飲みながら書道ができるワークショップ、

殺陣や芸妓ショーなど、盛りだくさんのメニューです。

 

和装で参加すると、上野公園内の施設でも特典が受けられるので

きものやゆかたで上野公園をジャックしちゃいましょう!

 

出展はこれからまだ増えるそうなので、是非公式HPをチェックしてみてください♪

https://edoweek.com/

 

 

出石藩きもの祭り

| イベント |

みなさま、こんにちは。

 

最近、きものを着ていくとお得なイベントやお祭りなどが、どんどん増えています!

都心部だけでなく、日本全国で広がってきているのもとてもうれしいです。

 

今日は10月に兵庫県豊岡市の出石町で開催される

「出石藩きもの祭り」についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出石町は、かの有名な城崎温泉のそばにある、お蕎麦が有名な町です。

「重要伝統的建造物保存地区」にも選定された城下町なので、きもの姿で歩くにはぴったり。

 

今回で第6回目となるこのイベントは、

「着物を出石の恒久的な観光素材として定着させることを目指し」て開催されているとのこと。

町全体が会場になっており、城下町ならではの撮影スポットがたくさんあります。

 

出石名物の皿そばをつかった「おかもち競争」や、

「出石藩きものクイーンコンテスト」は毎年恒例で、

盛り上がること間違いなしです!

 

もちろん、きもの姿の方には

食べ歩きクーポンのプレゼントや大抽選会への参加など、特典がたくさん!

きものレンタルがあったり、きもの持参で着付け無料のサービスがあったりと、

まさにきものを着ないと損!なイベントになっています。

 

 

開催期間は10月29日(土)・30日(日)の2日間。

お近くの方は、是非おきものでお出かけください♪

 

詳細は「出石藩きもの祭り」ホームページまで。

http://www.izushi.co.jp/kimono/index.htm

 

みなさま、こんにちは。

9月に入り、朝夕と涼しくなってきて夏の終わりを感じますね。

 

秋といえば

食欲の秋、スポーツの秋、そしてきものの秋!

 

過ごしやすい気温と、

おいしいものやキレイな景色がたくさんのこれからの季節は、

きものでおでかけするのにぴったりです。

 

商品コレクションのページでは、秋冬の新作コレクションをUPしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自宅で洗えるポリエステルのきものから、

晴れの日に華を添えてくれるフォーマルのきものまで、

多様なラインナップでご用意しております。

 

是非ご覧くださいませ。

 

みなさま、こんにちは。

本日、やまとホームページWEBライブラリーVol.8にて、

“「きものと日本文化」武蔵野美術大学講義”を公開しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社会長 矢嶋が、武蔵野美術大学の学生さんに向けて

「日本文化の心」について“華とお茶ときもの”を例に挙げてお話させていただきました。

 

早くて安くて便利な『文明』とは違い、

日本独自の「おもてなしの心」「四季を愛おしむ心」「一期一会の心」をもった『文化』の魅力がたくさん語られています。

 

“気持ちが充実していないと、きものは上手く着られない”ように、

日本の『文化』を楽しむためには気持ちにゆとりが必要です。

『文明』に疲れてしまったときには、『文化』に触れることで

ゆとりや充実感など、人が生きる上で大切なものを再確認できます。

きものがお好きな方はもちろん、

きものに限らず日本文化にご興味がある方にも是非読んで頂きたい内容となっております。

 

(学生さんからの鋭い質問も必見!)

 

下記URLよりご覧くださいませ。

http://www.kimono-yamato.co.jp/culture/L/vol8