【PR】
アパレルの大森伃佑子さんとやまとが作るきものWeb Shop

【PR】
男のきものテーラーワイアンドサンズ

ごあいさつ

 

わたしたち“やまと”は、一般財団法人「きものの森」を通し
「きもの振興」に努めています。

一般財団法人「きものの森」(旧:衣服研究振興会)は、日本ならびに世界の衣服の振興について
功績のあった人々や事業を研鑽、表彰してまいりました。
過去の受賞者には、高田賢三さん、三宅一生さん、志村ふくみさん、久保田一竹さん、
またピエールカルダンさんなども含まれます。また、研究論文の募集等、広範囲な財団活動も行っています。
特に、この10年は、衣服研究振興の分野を「きもの」に集中させ、日本の伝統的文化産業である

「きもの振興」について全面的に活動をしてまいりました。

 

一般財団法人「きものの森」(旧:衣服研究振興会)の活動
 
ものづくり大賞

「ものづくり」機能の大幅な減退という昨今の世相を踏まえ2011年より「新しいものづくり」に視点を置き、各和装産地の歴史・技術・伝統の中から消費者に提供可能な優秀と認められる新商品開発に対して顕彰を行っています。
2017年 第6回「ものづくり大賞」選考結果発表
優 秀 賞…博多・黒木織物「双華八寸名古屋帯」
優 秀 賞…京都・日根野勝治郎商店「あおもり藍お召着尺」
第14回全国つくりべの会 全国大会での授賞式の様子
全国つくりべの会についてはこちら>>
 
きもの学・東京 一般財団法人「きものの森」(旧:衣服研究振興会)は、平成24年度より全日本きもの振興会との協同寄付講座として早稲田大学にて開講しております「きもの学」への助成を行っております。
この「きもの学」は、毎年9月~翌年1月に15日間、早稲田大学キャンパスで、きものときもの文化にまつわる染織の世界を通して、きもの文化に関心を持って頂くことを目的に、染織作家、研究者、伝統芸能、流通等でご活躍の方々を講師にお迎えし多面的に学んで頂くことを目的に開講しています。
 
きものの
「技術・生産・活動」
助成
日本古来の伝統的な和の文化、特に衣服文化であるきものには、全国各地に歴史的・社会的に形成されてきた文化・伝統・技術等に関する独自の産業基盤があります。
一般財団法人「きものの森」は、産業基盤の存続やきもの振興・活性に関わる課題「殊に生産技術の伝承や後継者の育成」への助成を行っております。
一般財団法人 きものの森(旧:衣服研究振興会)について

設  立

 

昭和53年8月通商産業省(現経済産業省)にて認可を受ける。
平成22年5月、一般財団法人へ移行。
平成29年1月、一般財団法人きものの森へ名称変更。

当財団の目的 この法人は、衣服及び衣生活の研究に関する助成・援助を通じて、衣服にかんする
研究の振興に寄与し、もって国民の衣生活の向上に貢献することを目的とします。
事業内容 この法人は、前期の目的を達成するため、次の事業を行います。
  1.衣服及び国民の衣生活に関する調査
  2.衣服及び国民の衣生活に係る、理論的な研究に関する助成金、奨励金の支給
  3.衣服及び国民の衣生活に係る、実際的な調査・研究に関する助成金、奨励金の支給
  4.前期2の調査・研究に関する援助
  5.上記各事業に付帯する事業

 

役  員
理事長 矢嶋 孝敏 ㈱やまと 代表取締役会長
専務理事 高比良治郎 ㈱やまと 商品本部 顧問
理 事 松島 茂 東京理科大学大学院 教授
理 事 藤田 浩司 弁護士・奧野総合法律事務所
理 事 矢嶋 孝行 ㈱やまと 取締役事業創造本部長
監 事 小林 修 公認会計士・小林会計事務所
評議員 伊藤 元重  経済学博士・学習院大学教授
評議員 飯嶋 薫 ㈱R・B・K 代表取締役社長
評議員 鶴田 俊正 専修大学 名誉教授
 
C.O.A.K.賞 (2015年で終了)

coak賞

一般財団法人「きものの森」(旧:衣服研究振興会)は、日本が世界に誇る文化でもある伝統衣裳のきものを、今の時代のファッションの中で違和感なくもっと広がって根をおろすような意匠や着装を1枚のデザイン画として公募し顕彰しております。

The Contest of Advanced Kimono-Design= C.O.A.K賞

過去12回実施したC.O.A.K賞では、今の時代のきものと着こなしの両方をビジュアルに自由に表現し提案することを主眼としています。

  coak賞リンク