prev
next
12回目となる本年度は
学生のかた中心に730点の作品応募をいただき
誠にありがとうございました。
若い学生の皆様はじめ優秀な作品が多く、惜しくも入選とは
ならなかったものの素晴らしい作品が数多くあったことを
ご報告いたします。
■選考委員会 構成者■
高比良 治郎
松島   茂
小平 真滋郎
島   道雄
一般財団法人 衣服研究振興会 専務理事
東京理科大学大学院 教授
有限会社 織匠小平 代表取締役社長
株式会社やまと 取締役商品本部長
 
■選考過程■
<一次選考>
応募された全ての作品を、①独創的で斬新か ②ファッション性については ③具現性は高いか ④きものとしての印象度はどうか、の4項目について各審査委員が厳正に5段階評価し、合計点数で上位21位(32点)までを一次選考通過者としました。一次選考通過の区分内訳は、学生29名、一般2名、プロ1名です。
<二次選考>
一次選考を通過した32点の作品を更に個別に審査致しました。総合点・各項目の点数、各委員の話し合いで個別に吟味し、各賞候補の再精査・確認を経て各賞の最終選考を実施し、12月開催の理事会にて最終決定と致しました。各賞と区分を整理すると最優秀賞1(学生)、優秀賞3(学生3)、佳作6(学生5,一般1)となり、応募総数を反映する結果となっています。
 
受賞者一覧(プロフィールは応募資料によるものです)